リチウムイオンバッテリーを強化しEV航続距離を延長!

 ボルボ・カー・ジャパンは6月11日、プレミアム・ミッドサイズ・ステーションワゴン「V60」を一部仕様変更。またプラグインハイブリッド(PHEV)モデルであるV60の「T6 Twin Engine AWD」にベースグレード「Momentum」を追加し発売した。

 これまでT6 Twin Engine AWDは上級グレードのみで展開していたが、今回の追加により、ボルボが取り扱うPHEVの全ラインアップのなかでもっとも価格を抑えたモデルとなる。

 PHEVモデルはガソリンエンジンで前輪、電気モーターで後輪を駆動するAWD車。エンジンと電気モーターの連携によって、燃費消費量と二酸化炭素の排出量を大幅に低減する。静粛性を保ちながらも電気モーターのアシストによる俊敏な加速やスムースな発進加速が特徴だ。

 搭載するT6/T8 Twin Engineの駆動用リチウムイオンバッテリーの容量を30Ahから34Ahに拡大し、EV走行距離が向上した。WLTCモードではT6/T8ともに13.7km/Lを達成した。

 リチウムイオンバッテリーは事故の衝撃に耐えるための強固なケースに収容し、フロアトンネル内に搭載することで、前後重量バランスの適正化や低重心化にも貢献。バランスの良いハンドリングと優れた快適性を実現した。

 加えて今回のV60の仕様変更では、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能「BLIS (ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」にステアリング・アシスト機能を追加した。車線変更や自車線から逸脱した際に、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険性がある場合、ステアリングを修正して衝突回避をサポートすることができる。

 また、車線を維持するためにステアリングを緩やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロットアシスト(車線維持支援機能)」には、ステアリングホイールの微振動によって、運転者に一時解除を知らせる新機能を追加した。

 希望小売価格は、今回追加されたV60 T6 Twin Engine AWD Momentumが659万円のほか、 5グレードをラインアップするV60は499万円から829万円(税込)となる。