パソコンのキーボードを狂気じみた叫び声と共に破壊するムービーで世界中に衝撃を与えたキーボードクラッシャーをリスペクトしたストップモーション「キーボードクラッシャーのランチ」がYouTubeで公開中です。キーボードを実際に切断しサンドイッチを作り出すまでの狂気のムービーなのですが、音と作業が絶妙にマッチして、見ていると脳がトロける「ASMR」ムービーのような絶妙な気持ちよさがあります。

Keyboard crasher’s lunch - YouTube

Microsoft Wordのドキュメントを開き……



パチパチと何かを打ち出したキーボードクラッシャー。



「お母さん、お元気ですか?私は元気です」と文章がつづられていきます。



パチパチパチとよどみなく続くタイピング。高速で手紙がつづられていきますが……



「いくらかのお金を……」のところで……



突如として推せなくなるYキー。



怒り心頭でバンバン両手でキーボードをぶっ叩きます。



本家キーボードクラッシャーのごとくデスクにキーボードを殴打。



しかし、次にすらりと取り出したのは包丁。



これでサクッ……とトーストを切るような軽さでキーボードをカットします。



切り分けた半分は端によけておきます。



次はコードをしっかりとつかみ……



ぶちっとカット。



さらにキーボードのミミの部分を切り落とします。



クリスプ音と共に軽快にミミが切り落とされている様子は、脳がトロける「ASMR」ムービーのような不思議な気持ちよさがあります。



ストン、と切り落とされる長辺。



向きを変えて……



反対側も。



今度はトースト、もといキーボードの真ん中に刃をあてます。



ザクッ



切ったキーボードをまな板の上にのせ……



ケーブルを置いて……



マーガリンのようなものをキーボード全体に塗り広げていきます。





不思議とおいしそうに見えてきました。



次に登場したのはマウスパッド。



ストン、ストン、と長方形にカットします。



すっと包丁で持ち上げて……



ケーブルを塗ったキーボードの上にオン。



今度はマウスに着手しました。



コンコン、とデスクでマウスの殻を割ります。



パカッと開くと、卵の黄身のようなホイールが出現。



よく混ぜて……



コピー機にかけます。



スクランブルエッグの完成。



マウスパッドの上にホイールのスクランブルエッグをのせていきます。



上からキーボードをのせてギュッと押すと、マウスホイールがぶちゅっとはみ出てきました。



半分にカットし……



当初の怒りを忘れてもぐもぐ。お金の無心をしなくともキーボードをサンドイッチに変えれば問題解決というわけです。