高知中時代に軟式で150キロを投げて注目を集めていた森木大智は高知高に進み、この春の四国大会で早くも公式戦デビュー。硬式でもすでに149キロをマークしたという。その森木とライバル関係にあった明徳義塾中の関戸康介は大阪桐蔭に進学。さらに仙台育英秀光中時代に147キロを記録した左腕の笹倉世凪(せな)、144キロ右腕の伊藤樹も仙台育英高のメンバーとしてデビューを果たした。

 彼らを筆頭に、早くも”怪物世代”としてフォーカスされつつある高校1年生たちだが、彼らに負けず劣らずの素材が長崎にいる。


1年生ながらすでに公式戦デビューを果たした創成館の鴨打瑛二

 創成館・鴨打瑛二(かもうち・えいじ)、194センチ、81キロの大型左腕だ。今、話題の佐々木朗希より身長は5センチ高い。佐賀県出身で中学時代は黄城(おうじょう)ボーイズに所属。中学1年時にチームは全国大会に出場したが、当時は主力ではなかったために大舞台でのプレー経験は皆無に等しい。

 現在、鴨打の最速は135キロ。実戦レベルで使える変化球もカーブぐらいで、チェンジアップとフォークは、キレ、コントロールともようやく中学生の域を超えたレベル。足腰の強さもまだ不十分だ。完成度の高い冒頭の4人に比べると、鴨打は”未完の大器”と言ったところか。

 それでも社会人野球の九州三菱自動車でプレーし、指揮を執ったこともある稙田龍生(わさだ・たつお)監督も「あれだけスケール感のある投手は初めてです」と、鴨打のポテンシャルを絶賛。投げるだけでなくフィールディングも俊敏で、外野を守らせてもうまくこなす。稙田監督は言う。

「一歩一歩が大きいので鈍く見えますが、自分の体をちゃんと使いこなせている。そのあたりは教えて身につくものではない」

 そしてピッチングに関しても、次のように評価する。

「リリースが高いので、高めのボールでも打者は手を出してしまう。ボールゾーンもストライクゾーンに見えてしまう分、ボールを振らせることができる。そうすると、自ずとストライクゾーンが広くなる。その点を本人が理解しているのか、しっかり投球に生かせている」

 これまで、たとえ鳴り物入りで入ってきた投手でも、1年時はじっくり育成期間に充ててきた稙田監督だが、夏の前哨戦にあたるNHK杯で鴨打を投げさせたことからも期待の大きさがうかがえる。

 昨年のセンバツ8強入りに貢献し、ドラフトで阪神に5位指名された184センチ左腕の川原陸でさえ、投手として本格的に使い始めたのは2年時のNHK杯だった。1年生投手を夏前の公式戦で起用するのは、鴨打が2人目だと稙田監督は言う。

「左投手が少ないというチーム事情だけではありません。やっぱりこれだけの素材ですから大きく育てたいですし、経験も積ませたい。投げられない状態であれば無理をさせる必要はないのですが、幸いにも投げられる状態にある。だったら少しずつイニングを積み重ねていきながら、自信を植えつけていきたい」

 稙田監督がとくに評価している点が、落ち着きと視野の広さだ。NHK杯準決勝の九州文化学園(長崎)戦で先発した鴨打は、4回を投げて1失点。カーブが高めに入ったところを狙い打ちされる場面が目立ち、登板3試合目で初失点を喫したが、ピンチの場面では自らプレートを外して間合いを取るなど、どんな場面でも冷静に周りを見ながら投球できるマウンドさばきこそが、鴨打の「天性の才能」だと稙田監督は言う。

 憧れの投手は、”左投手の究極形”と称されることもあるクレイトン・カーショウ(ドジャース)。3度のサイ・ヤング賞に輝いたカーショウの体重移動の美しさに魅せられ、鴨打も投球フォームをつくる上で教材としているそうだ。

「自分はまだまだ下が弱くて、下半身主導の投球フォームができていません。これからもっと走り込んで強くしていきたいです」

 稙田監督も期待を込める。

「今は上半身だけで投げてこれだけの球がきているのですから、下半身が使えるようになればもっと球持ちはよくなるし、球速も出るはず」

 小学校1年で野球を始めて以来、鴨打は投手一筋で育った。ちなみに、父の武士さんは1989年に龍谷(佐賀)の控え投手としてセンバツに出場。兄の翔太さんも柳ヶ浦(大分)でエースナンバーを背負い、日本経済大でもプレーしている。「父が兄に指導している横で、盗み聞きしながら勉強していた」と言う鴨打は、地道な成長を続け、勧誘を受けた数多くのなかから長崎の創成館への進学を決めた。

「毎年強いし、(2017年秋の明治神宮大会で)大阪桐蔭を倒したという実績が大きなポイントでした。自分も大阪桐蔭を倒してみたい。それに、その時のエースで自分と同じ左投手の川原さんの存在も決め手のひとつになりました。甲子園で活躍して、プロまで行ったことがすごく魅力的でした」

 そして、もうひとつ大きな決め手となったのは、同じ2月29日生まれの稙田監督から「俺たちは4年に一度しか歳を取らない。2020年の東京五輪イヤーに、俺は14歳、お前は4歳になる。せっかくだから一緒に歳を取ろうや」という粋な誘い文句だった。

 長崎に現れた”怪物候補”は「直球で三振が取れるようになれば……」と言って、アイシングしていた左肩をぐるぐると回した。覚醒の夏が待ちきれない様子である。