今週は、GIIIユニコーンS(6月16日/東京・ダート1600m)が行なわれる。

 同レースは、地方交流GIジャパンダートダービー(7月10日/大井・ダート2000m)の前哨戦という意味合いもあるが、JRA3歳馬による「春のダート王決定戦」といった位置づけもあって、例年ダート路線を歩んできた強豪が一堂に会する。

 そして今年も、4連勝中のデュープロセス(牡3歳)をはじめ、4戦3勝のデアフルーグ(牡3歳)など、有力馬がズラリ。熾烈かつハイレベルな戦いが繰り広げられそうだ。

 そんな実力馬が集うレースだけあって、過去10年の勝ち馬はすべて3番人気以内。そのうち9頭が、それまでにダートのオープン戦、もしくは地方交流重賞を経験しており、やはり実績上位の馬が強いレースと言える。

 それでも最近5年は、1番人気が1勝、2着1回、着外3回と、やや信頼性に欠ける。そのあたりに、好配当を狙えるカギがあるかもしれない。そこで、日刊スポーツの松田直樹記者がまず注目したのは、芝の重賞戦線で奮闘してきた変わり種だ。

「ワイドファラオ(牡3歳)です。今回、デビュー以来初のダート戦となりますが、ダートで変身の可能性を秘めています。前走のGINHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)では9着に敗れたものの、2走前にはGIIニュージーランドトロフィー(4月6日/中山・芝1600m)を逃げ切り勝ち。その実力は確かで、陣営がデビュー前から芝よりもダートに適性を見込んでいた、という話もありますからね。

 第一、父ヘニーヒューズは、米国のダートGIを2勝して種牡馬入り。米ダートGI11勝の名牝ビホルダーを送り出すなど、コテコテのダート系種牡馬です。2013年に日本に輸入されましたが、その前に生まれた持ち込み馬モーニンがGIフェブラリーS(東京・ダート1600m)を勝つなど、日本の砂適性もすこぶる高いです。6月11日現在、日本で生まれた2017年以降の産駒が挙げた118勝のうち、110勝がダートでのものですし。

 また、東京のダート1600mは芝スタート。芝でも活躍してきたワイドファラオのための舞台と言ってもいいでしょう。芝で重賞勝ちした馬が、満を持して路線変更。同馬にはかなりの魅力が詰まっています」



芝に続いてダートでも重賞制覇を狙うワイドファラオ

 ワイドファラオについては、デイリースポーツの大西修平記者も気になる存在として名を挙げた。

「前走は9着に敗れましたが、調教中からテンションが高く、攻め馬でもハミを噛んでしまって、最後まで動き切れませんでした。そのあたりも、レースに影響したのではないかと踏んでいます。

 この中間は、短期放牧を挟んだことが奏功し、精神的にゆったりしており、攻め馬もラストまでしっかりと動けていました。心身ともに気配は上々で、しっかりと力は出せそう。初ダートでも、パワフルな走法ですし、父ヘニーヒューズという血統背景を考えても、十分に対応可能でしょう。

 重賞馬ゆえ、斤量は他馬より1kg重くなりますが、得意の先行策を打って、砂をかぶらずに気分よく運べれば、勝つチャンスは大いにあると見ています」

 大西記者は、その他にサトノギャロス(牡3歳)にも目を向ける。目下、未勝利、1勝クラス(旧500万下)と連勝中だ。

「ダート1200m戦を連勝。いずれも上がりはメンバー最速をマークし、終(しま)いまでしっかりした脚を使えるのが強みです。未勝利戦(4月21日/京都・ダート1200m)の勝ち時計は、1分11秒6。同じ日の古馬2勝クラス(旧1000万下)と同タイムと、極めて優秀なものでした。昇級戦&重賞初挑戦とあっても、スピード負けすることはないと思います」

 気がかりは、初めて1600m戦に挑むこと。400mの距離延長に対応できるか不安はあるが、その点についても、大西記者は「心配はいらない」と言う。

「調教でもかかるところを見せないタイプなので、対応は十分に可能でしょう。初の関東への長距離輸送も、前日輸送で競馬場に1泊してレースに臨む形をとるようです。それにより、かえってガスが抜けて、プラスに働くのではないでしょうか」

 松田記者ももう1頭、ノーヴァレンダ(牡3歳)を推奨する。昨年末の地方交流重賞・全日本2歳優駿(12月19日/川崎・ダート1600m)の勝ち馬だ。ただ、年明け初戦のオープン特別・伏竜S(3月31日/中山・ダート1800m)では大差をつけられての5着。今回はそれ以来、という点が懸念されるが、松田記者は強気に推す。

「それまで、2番手で運ぶスムーズな競馬ばかりしてきたのですが、前走の伏竜Sでは3、4番手で初めて砂をかぶる競馬を経験。5着と振るわなかったのは、それで嫌気がさしたという話です。ともあれ、それが今回に向けてはいい経験になったはずです。

 鞍上の北村友一騎手は、今週から開催が始まる函館で調教騎乗中(レースも土曜日は函館で騎乗)ですが、この日はわざわざ東京へ。とにかく、3連勝で全日本2歳優駿を勝った逸材ですからね。同馬にかける思いは強く、逆転に向けた熱い騎乗を期待しています」 JRAの3歳馬によるダートの頂上決戦。まだまだ成長過程にあるだけに、実績ある実力馬を脅かして、波乱を演出する馬がここに挙げた3頭の中にいてもおかしくない。