スコットランド戦で今大会初勝利。1戦目を苦しんだだけに、胸をなでおろす想いだったに違いない。写真:早草紀子

写真拡大

[女子ワールドカップ・フランス/グループステージ2節]日本2−1スコットランド/ロアゾン・パルク

 フランスで行なわれている女子ワールドカップ。なでしこジャパンこと日本女子代表は6月14日、グループステージ第2戦でスコットランドと対戦。2−1で今大会初勝利を収めた。
 
 初戦のアルゼンチン戦で白星を逃した日本は、立ち上がりから素早いプレッシングと小気味良いパスワークでリズムを握る。
 
 すると23分に、今大会初先発となった岩渕真奈のゴールで先制。さらに37分に菅澤優衣香のPK弾で加点し、リードを広げた。
 
 後半に1点を返されたものの、逃げ切りに成功。前半に流れを掴めたのが、なによりの勝因となった。試合後の高倉麻子監督のコメントからも、それは分かる。「初めから攻撃的に、自分たちの良さを出していこうと。積極的にプレーして前半に点が取れたので、そこは狙いでした」と言うのだ。
 
 ただし一方で、やはり押し込まれる時間が増えた後半の出来は不満だろう。「でも後半も、もちろんもう1点取ろうということで入りましたけど、相手がパワーをかけてきて、撥ね返せなかったところは課題かなと思います」と反省も語る。
 
「試合の中でこちら側に流れがある場合と、向こうに流れがいく場合がある。そのコントロールというところを、選手一人ひとりが、精神的にもプレーでもできてくると良いなと思っています。まあ簡単な試合ではないですし、また一つひとつ戦っていくだけです」
 
 ついにワールドカップの大舞台で自身の初勝利を収めた指揮官だが、すでにその視線は次の試合に向かっている。次はグループ最強のライバルであるイングランドとの一戦。果たして指揮官は、どんな策を講じるのか。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部