マクドナルドの夏向け新商品として、「桃のスムージー」と「マンゴー&パッションフルーツスムージー」が2019年6月12日(水)からMcCafe by Barista併設店舗に登場しました。新たに、60円追加するとトッピングの量を2倍に増やせるオプションが追加されていたので、実際にマンゴーを2倍に増やしてみました。

夏到来!ごろっと果肉が入ったスムージー「桃のスムージー」NEW「マンゴー&パッションフルーツスムージー」60円でトッピングが2倍になる、“倍”ドリンクも実施!6月12日(水)から期間限定販売 | McDonald's Japan

http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2019/0605a/

McCafe by Barista併設のマクドナルドに到着。



夏向けに登場した「桃のスムージー」と「マンゴー&パッションフルーツスムージー」。MサイズとLサイズがあり、それぞれ60円足すとトッピングの量が2倍になります。



ややソースが異なるものの、2018年に桃を使ったスムージーが出ていたので、今回は「マンゴー&パッションフルーツスムージー」のMサイズ(税込490円)とMサイズ・トッピング2倍(税込550円)にしました。注文してからおよそ10分で2杯のスムージーが並びました。



Mサイズのカップは、だいたいiPhone XS Maxを立てたときのアップルマークぐらいの高さ。



左が通常のMサイズ、右がトッピング2倍のMサイズ。



スムージー部分は、アルフォンソマンゴーのピューレを使ったマンゴーソースとパッションフルーツソースを合わせて、氷とともにミックス。その上に果肉入りマンゴーソースがかかっています。マンゴーソースのオレンジ色に比べてスムージーはやや色が淡く、左はスムージーがソースのすきまからチラチラと顔を見せていますが、トッピング量が2倍だとスムージーの見える余地がありません。



スムージーは、口の中を通過するひんやりとした冷たさの中に豊かでふくよかな甘みがたっぷりと詰まっています。氷と混ぜ合わせているのでキンキンに冷たいのですが、どこか「ほわっ」とするような甘み。パッションフルーツソースは酸味があるはずなのですが、マンゴーの甘みを強調する役割に回っているからか、主に甘み中心の味わいで、酸味はほのかです。トッピングにゴロッと角切りのマンゴー果肉が入っていて、柔らかな食感がスムージーの中にたまに混ざる小さな氷塊と合わさって、絶妙な幸福感をもたらしてくれます。



マンゴーっぽさをより長く楽しめるので、マンゴー好きはトッピングを2倍にすることをおすすめします。