志尊淳

写真拡大

 志尊淳が14日、丸の内ピカデリーで行われた主演映画『潤一』の公開記念舞台あいさつに出席し、本作がコンペティション部門にノミネートされた“カンヌシリーズ”のために訪れたフランス・カンヌでの思い出を振り返った。

 本作は、是枝裕和監督を中心に設立された制作者集団「分福」によるプロジェクトで、直木賞作家の井上荒野の連作短編集を原作にした官能ラブストーリー。志尊は自身初のヌードに挑戦し、6人の女性たちを虜にする妖艶な青年・潤一を演じた。公開初日を迎えたこの日、志尊とともに、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。

 国際ドラマの祭典“カンヌシリーズ”のコンペティション部門に日本作品として初めて出品され、公式上映も行われて話題を呼んだ本作。志尊はカンヌでの滞在を「とても楽しかったです。夢のような時間で、撮影のご褒美をもらえた感覚でした」と笑顔で振り返った。

 本作はもともとドラマとして製作されたが、急きょ1週間の期間限定で劇場公開されることになったという。志尊は「ドラマとはいえ短編映画のように撮っていたんです。いつか映画館で、と話していたので、実現して嬉しいです」と感慨深げ。

 また、潤一の虜となる女性を熱演した女優陣は、志尊との共演について話を展開する。藤井は「若いけどすごくしっかりされていて、喫茶店のシーンで長回しの撮影では、引っ張っていただきました。素敵な緊張感のなかでアドレナリンを出しながら演じられた気がします」とエピソードを紹介。続けて「可愛らしい方かなと思ったら男らしくて大人っぽい。ギャップが多くて魅力的でした」と語った。

 夏帆は「今回、初めてご一緒させていただいたのですが、役づくりのために撮影中はほとんどコミュニケーションを取らず、二三言くらいしか会話できなかった。今日の舞台あいさつは、志尊さんがよく喋っているなあと。撮影のときとぜんぜん印象が違います」とコメント。これに志尊は恥ずかしそうな表情で「(会話が少なかったのは)余裕がないというのと、潤一としては話すことで情が移らないように、と思っていたんです」と説明した。

 ベテランの原田も「一緒に自転車に乗るシーンが楽しかったです。いつまでも続けばいいなと思っていました」と志尊との撮影を楽しんだ様子。作品について原田は「詩のような作品。すごく気に入っています」としみじみと口にした。(取材・文:名鹿祥史)

映画『潤一』は6月14日より丸の内ピカデリーにて1週間限定上映
ドラマ「潤一」は関西テレビにて7月12日より、日本映画専門チャンネルにて7月13日より放送