日本女子代表・熊谷紗希【写真:Getty Images】

写真拡大

20歳で2011年女子W杯優勝を経験、世界一の栄光の裏で感じた世界との差

「なでしこが単純なパワープレーでやられて勝てないのは本当にもったいない。だから個の局面の強さを磨くために、私はヨーロッパへ行きます」――熊谷紗希(日本女子代表/リヨン)

 なでしこジャパン(日本女子代表)が世界一に輝いた2011年女子ワールドカップ(W杯)決勝の米国戦後、優勝を決める最後のPKを突き刺した熊谷紗希はミックスゾーンで熱く語った。当時まだ20歳だったが、すでに代えの効かないセンターバックで、米国のエースで180センチの長身を誇るパワフルなFWアビー・ワンバックを1失点に抑え切ったという点でも陰の立役者と言えた。

 だが世界の頂点に立った時点で、早くも熊谷はなでしこの未来を見ていた。

「これだけの組織的な攻撃力を持つなでしこが、単純なパワープレーだけでやられるのは本当にもったいない。結局守備がどれだけ耐えられるかがポイントで、局面の1対1の強さが必要になる。だから私は、個の力を上げるためにヨーロッパへ行きます」

 8年前のなでしこは、大会参加国の中で異彩を放っていた。米国、ドイツ、さらに日本がグループリーグで敗れたイングランドも、身体能力のアドバンテージを活かそうと、パワーとスピードで日本を脅かした。一方なでしこは対照的に、粘り強くショートパスをつなぎ、攻守に献身的なプレーを継続し“女性版バルセロナ”と称賛された。ただし、やはり強豪国が直線的なロングボールを駆使してゴールに迫ると、苦戦を強いられるシーンも少なくなかった。

 実際に米国との決勝戦も、熊谷自身は「予想以上に相手が前から取りに来て、守備に回る時間が多かった」と感じていた。だがエースのワンバックには執拗に身体を寄せて苛立ちを誘い、なんとか水際で食い止めた。

なでしこジャパンの最終ラインで続く試行錯誤

 熊谷は大会を終えると、ドイツのフランクフルトに移籍。さらにその2年後の2013-14シーズンからはフランスのリヨンに加入し、4シーズン連続となる欧州制覇に貢献した。そして今回、自身3度目のW杯にはキャプテンとして臨んでいる。

 しかしなでしこジャパンは、その後もサイズ、俊敏性、技術を備えたセンターバックの発掘が思うように進まず、本来はサイドバックの鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)や、160センチの市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)を抜擢するなど試行錯誤が続いた。

 ようやく昨年主将としてU-20ワールドカップを制した169センチの南萌華(浦和レッズレディース)が、熊谷のパートナーとして定着しているが、小柄なテクニシャンが次々に台頭するMFに比べ、両ゴール前に身体的条件を満たすタレントが不足気味。その点では少し前の男子の状況に似ているが、女子の場合は若年層のスポーツとしてバスケット、バレーの人気が高く、再び世界一を奪回するにはスカウティング面で大きなテーマが横たわっているようだ。(加部 究 / Kiwamu Kabe)

加部 究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記〜青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。