舞台『COCOON 月の翳り星ひとつ』を終えた木戸邑弥(画像は『木戸邑弥 2019年6月6日付Twitter「COCOON『星ひとつ』大千穐楽を無事に終えました。」』のスクリーンショット)

写真拡大

日本テレビ系土曜ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』がいよいよ佳境に入る。6月15日放送の第9話では、古田新太演じる主人公・原田のぶおが40年前の中学時代に起きた出来事を振り返り、なぜゲイで女装家の高校教師になったかを語り始める。

その際に原田のぶおが27歳だった頃を再現するのが俳優・木戸邑弥だ。彼が自身のTwitterで6月12日に「主人公・原田のぶおはなぜ、ゲイで女装家の高校教師になったのかが語られる第9話。27歳の原田のぶお役で出演します」とツイートして、「へ!? 凄く楽しみです!! うわぁぁぁまじですか」と反響を呼んでいる。

木戸邑弥は2006年に『第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で審査員特別賞を受賞して芸能界に入る。2007年にテレビ東京系テレビドラマ『チョコミミ』に出演すると、2008年にはドラマ『ごくせん』第3シリーズで生徒・大隈邑弥役を務めており、生徒役の中で最年少と話題になった。

ミュージカル『テニスの王子様』や『BLEACH連載10周年記念公演「ROCK MUSICAL BLEACH」』、『弱虫ペダル』など舞台でも活躍しており、今年も舞台『K -RETURN OF KINGS-』(3月)、コント舞台『春、揺らぐ、勿忘草』(3月)、『TRUMPシリーズ「COCOON 月の翳り星ひとつ」星ひとつ編』(5月)と忙しい。

『俺スカ』第9話では、原田が生徒・明智(永瀬廉)に暴力を振るう捏造動画がネットで拡散される。女装教師が生徒を殴るという映像をマスコミが興味本位で取り上げて騒ぎが大きくなり、原田はしばらく謹慎することになった。

数学教師で生活指導担当の長井あゆみ(松下奈緒)が自宅でのんびり過ごす原田を訪ねて、校長が辞めることも、原田が辞めさせられそうになっていることも納得がいかないと訴え「なんで先生になりたかったんですか?」としつこく聞いたところ、原田が「長いわよ。40年分の話だから…」と語り出す。

そのなかで27歳の原田のぶおを木戸邑弥がどのように演じるのか、そして捏造動画をでっちあげた犯人とその真意はどこにあるのか、さらに原田を救おうとする明智をはじめ生徒たちはどう動くのか、見どころが多い展開となりそうだ。

画像は『木戸邑弥 2019年6月6日付Twitter「COCOON『星ひとつ』大千穐楽を無事に終えました。」』『【公式】俺のスカート、どこ行った? 2019年6月1日付Instagram「本日午後1時30分から『俺スカ 今夜は第7話SP』が放送されます」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)