驚きの手ぶれ補正で、映画のワンシーンのように日常の風景を撮影できる4Kカメラ「DJI Osmo Pocket」。
国内最安値を大幅に下回る価格で販売されていることを以前お伝えしたところ、とんでもない反響がありましたが、さらに値下がりしてしまいました。これからの季節を彩る楽しいカメラです。詳細は以下から。

これが「DJI Osmo Pocket」。手ぶれを抑えてくれるジンバルが一体となった、ハンディサイズの超小型カメラです。

手に持ってみると分かる小ささ。一眼やデジカメなどを持ち歩くとき、「カバンから取り出して被写体に向けて……」というフローを面倒に感じる人は少なくないと思いますが、これならポケットから片手でさっと取り出して撮影できます。

スマホ向けジンバルで有名なDJIが手がけただけあって、手ぶれ補正性能(3軸)はかなりのもの。激しい動きでもしっかり撮ることができます。

その中でも特徴的なのがユーザーの目線に合わせてダイナミックに動きを再現する「FPVモード」。走りながら風景を撮影しても、手ぶれによる揺れなどは感じられません。

試しにコンデジ(LUMIX)で対照実験してみたところ。悪酔い注意です。

被写体をタップするだけで自動追尾する「アクティブトラック」、広い景色を納めることができる「3×3パノラマ」「180度」などの多彩な撮影モードもあります。


さらに数時間分の映像を数秒にまとめる「モーションラプス」、暗いところできれいに撮れる「ナイトショット」、マニュアル撮影が楽しめるプロモードに加え、高い手ぶれ補正性能によって三脚を使用せずとも2〜3秒の長時間露光ができます。


スマホを接続してデジカメ感覚で撮影することも可能。被写体のトラッキングやピント合わせなどをより精密にやりたい時はこちらが便利です。

試しにアニメ「四畳半神話大系」のクライマックスの舞台である加茂大橋から鴨川デルタを撮影してみました。まずはノーマルの画像撮影です。

「180度」モードは、いわゆるパノラマ写真となります。その名の通り180度撮影可能です。

「3×3」モードは上下左右を幅広く撮影することが可能で、広角レンズ的に使用する事ができます。

撮った動画は専用アプリ「DJI Mimo」を用いて編集することも可能。逆再生や早送り、繋ぎのエフェクト、BGMやタイトルも選んで付けるだけで、専門知識は不要です。

4K(3840×2160 24/25/30/48/50/60p)、フルHD(1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p)動画やRAW形式での写真撮影なども楽しめるDJI Osmo Pocket。

昨年末に国内発売が開始されたモデルですが、以下の通販サイト「Banggood.com」ではクーポンコード「BGJPOSMO」適用で3万5299円に値下がり。価格.comでの最安価格(4万2000円)を大幅に下回っており、家電量販店のポイント還元などを加味しても十分お得です。
dji osmo pocket 3-axis stabilized handheld camera hd 4k 60fps 80 degree fpv gimbal smartphone Sale - Banggood.com

・関連記事
超小型4Kアクションカメラ「DJI Osmo Action」発売早々国内最安値より大幅値下がり、GoPro HERO 7 Blackより便利なデュアル液晶も | BUZZAP!(バザップ!)
「Xiaomi Mi9」過去最安値に、Snapdragon 855+4800万画素3眼カメラ搭載で値段は夏モデルの約1/3 | BUZZAP!(バザップ!)
「Xiaomi Pocophone F1」再び2万円台に、Huawei P30 liteなどを圧倒するSnapdragon 845搭載の格安スマホ | BUZZAP!(バザップ!)
2万円台で高性能・SIMフリーなAndroidタブレット「Xiaomi Mi Pad 4」が値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

【超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」さらに値下がり、国内最安価格をぶっちぎる過去最安値に】を全て見る