主演はユアン・マクレガー (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

写真拡大

 スティーブン・キング原作によるホラー映画の傑作「シャイニング」の続編「ドクター・スリープ」が、今冬に日本公開されることが決定。あわせて、謎めいたワード“REDRUM”が刻まれたビジュアルとUS版予告がお披露目された。

 1980年にスタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演で映画化された「シャイニング」では、冬季閉鎖中のリゾートホテルの管理人一家が、そこに巣食う悪霊たちによって次第に狂気の淵に沈んでいくさまが描かれた。キングは、その続編となる長編小説「ドクター・スリープ」を2013年に発表。映画では、惨劇から生き残ったジャック・トランスの息子ダニーの40年後の姿が描かれる。

 メガホンをとるのは、キング原作のNetflix映画「ジェラルドのゲーム」を手がけたマイク・フラナガン監督。ユアン・マクレガーがダニーを演じるほか、レベッカ・ファーガソン(「グレイテスト・ショーマン」「ミッション:インポッシブル フォールアウト」)も出演する。

 US版予告は、大人になったダニーが黒板を通して“誰か”と会話をしている光景からスタート。「ハロー」「おはよ」「学校」と他愛ないやり取りが続くなか、ある夜に轟音によって目覚めた彼の目の前に“REDRUM”の文字が出現。その後、ある少女から「あなたも魔法を使えるの?」と尋ねられると「この世は残酷で恐ろしい。僕らのような者は皆殺された」と意味深な言葉を口にする。

 そして「子どもの頃よく不思議なものを見た。僕はその力を魔法ではなく“シャイニング”と呼ぶ」というセリフと共に、ダニーの記憶が連続して浮かび上がっていく。雪に閉ざされた展望ホテル、廊下で三輪車をこぐ幼き日のダニー、呪われた237号室、バスタブの老婆、血のエレベーター、不気味な双子の姉妹――やがて、奇妙な現象に直面したダニーが“破壊された扉”を見つけ、ぽっかりと開いた穴から顔をのぞかせる光景へと繋がっていく。

 「ドクター・スリープ」は、19年冬から全国公開。