映画『劇場版パタリロ!』場面写真(C)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会 2019

写真拡大

 『翔んで埼玉』の漫画家・魔夜峰央原作、俳優の加藤諒が主演を務める映画『劇場版パタリロ!』より、主人公のパタリロを1分でユーモラスに紹介する「パタリロ殿下って一体、何者?」と題した映像が解禁。併せてパタリロの追加キャラクター写真も到着した。

【写真】『ガラスの仮面』月影先生ほか、さまざまなキャラクターに扮するパタリロ

 本作は1978年に「花とゆめ」(白泉社)で連載が始まって以来40年以上にわたり愛され続け、82年にはアニメ化もされた魔夜峰央のギャグ漫画が原作。マリネラ王国の国王、パタリロ・ド・マリネール8世(通称:パタリロ)が周囲を巻き込んで起こす騒動を描く。2016年に2.5次元ミュージカル化され好評を博し、映画版でも、主要なスタッフ・キャストは舞台版のメンバーがそのまま担当する。

 常春の国マリネラ王国の皇太子パタリロ・ド・マリネール8世が、側近のタマネギ部隊を引き連れて大英帝国にやってくる。パタリロの前に現れたのは、ボディガードを任命されたバンコランと、謎の美少年記者マライヒ。権力争いで命を狙われているパタリロを中心に、美少年たちの耽美な世界が繰り広げられる。やがて舞台はマリネラ王国、銀河系宇宙、埼玉県春日部、バンコランの過去にタイムスリップなど、時空を超えて縦横無尽に駆けめぐるのだが…。

 先月解禁され好評を博した、本作の「1分で分かるシリーズ」紹介映像「タマネギ部隊のことどれだけ知ってる?」「ようこそパタリロ!の耽美な世界」に続き、今回第3弾として解禁されたのが「パタリロ殿下って一体、何者?」。本映像では、劇中の楽曲「ダンシングナマハゲボーイ」が流れる中、「この人、何かヘンなんです! 誰だキミは!?」という“世間の声”に続き、パタリロが昭和のスチュワーデスや教官などさまざまなキャラクターになりきる七変化からスクール水着のような格好まで披露。終始「生きたパタリロ」と称される加藤がドタバタと躍動し、パタリロのハチャメチャなキャラクターが堪能できるものとなっている。

 映像と併せて解禁された追加キャラクター写真は、パタリロが漫画『ガラスの仮面』の登場キャラクター・月影先生をはじめさまざまなキャラクターに扮する姿や、タマネギ部隊と笑顔でポーズを決める姿などを捉えたものとなっている。

 映画『劇場版パタリロ!』は6月28日より全国順次公開。