クレジットカードやポイントのお得な活用方法を指南する【お得なクレカ・ポイント活用】。今回はちょっと趣向を変えて、今、国が進めているキャッシュレス化について紹介します。この1年でQRコード決済サービスがたくさん出てきて、いったいどれを使っていいかわからないという人も多いのでは? これほどまでに「使え〜!」とアプローチされると、逆に反発する気持ちも出てきますよね。そこで改めてキャッシュレス化について考えたいと思います。

☆☆☆

日本がキャッシュレス化する意味って何?

日本では2018年から、本格的なキャッシュレス化の取り組みが始まりました。2018年4月に経済産業省が公表した「キャッシュレス・ビジョン」によると、日本がキャッシュレスに取り組む理由として、次の3つを掲げています。

まず1つ目が、日本は少子高齢化で今後ますます労働力人口が減少していくので、店舗の無人化や効率化のために必要だということ。2つ目が、キャッシュレスにすると支払いがデータ化されるので、不透明な現金の流れがなくなり、税収のアップにも繋がること。そして3つ目が、支払いデータをマーケティングなどに活用することで、様々なメリットが期待されるということです。

それらを理由にキャッシュレス化を進め、現在、約20%のキャッシュレス比率を、2025年までに40%、将来的には世界最高水準の80%にまで引き上げることを目標としています。

とはいえ、コンビニや飲食店では多くの海外の人が働いてくれているし、税収のアップやマーケティングデータなどは一般消費者の私たちには関係のないこと。あえてキャッシュレス化する意味ってあるのかなーと思ってしまいます。

そこで先日、『Origami Pay』というQRコード決済サービスを提供する会社「Origami」が開催したイベントで、キャッシュレス化の重要性について意外な話を聞いたので紹介したいと思います。

2016年5月からサービスを開始した、QRコード決済の草分け的存在の『Origami Pay』。

現金だけで支払いをするのはリスキーだという事実

キャッシュレス化の課題は、街の規模によって異なると、Origamiのオペレーション・金融事業  マネージャーの福田哲也氏は言います。大都市ではお財布レスで買い物でき、ポイントや割引などにより経済が活性化。売上げのデータはデジタル化されるので、マーケティングなどにも活用できます。ですが地方都市では、現金支払いを続けることで、物価上昇やインフレ問題に発展する危険性があると言います。

現金を使う上で、意外と忘れがちなのが、現金はモノだということ。日本銀行で発行された紙幣は厳重なセキュリティー管理のもと、全国の銀行やATMに輸送されます。その際、現金の輸送やATMへの現金補填、ATMの購入や設置などにはコストがかかります。ATMは1台でクルマが購入できるほど高価なのだとか。そのほか、店舗での人件費も合わせると、現金決済のために必要な費用は、年間4兆円にもなるそうです(みずほ総合研究所の調査データによる)。

これらのコストは、私たちの買い物代金からまかなわれます。今後、さらに人手が少なくなると、現金の輸送や店舗の人件費に余分にコストがかかり、物価が上昇してインフレになる危険性があると言うのです。そうなったとしても給料が上がればいいのですが、そうはならないので、現金払いだけでずっとやっていくのはリスキー。キャッシュレス決済を併用することで、そのリスクを下げることができます。しかも訪日外国人が地方都市を訪れた時に現金決済だけだと、買い物してもらえる機会を損失してしまいます。それらを補うためにも、地方都市こそキャッシュレス化を考えないといけないというお話でした。

現金を使うことにもコストがかかっていることは知っていましたが、そのコストが上がり、インフレになることまでは考えていなかったので、ある意味、刺激的なお話でした。来年に迫るオリンピックで訪日外国人が増えることでも、キャッシュレス化は急務。少子高齢化が進む日本では、労働力を海外の人やロボット、業務の効率化などによって補わなくてはいけません。そのためにもキャッシュレス化が重要だということです。

今回、お話を聞いたOrigamiのオフィスには、『Origami Pay』で決済できる「Origami Kiosk」が設置されていました。オフィスでは万引きなどの心配も少なく、極力人手をかけずにコンビニを運営することができそう。キャッシュレスの波は、オフィスからも広がっています。

Origami社内に設置してある「Origami Kiosk」。社員や訪問客が利用できる。



■賢人のまとめ
日本全体が舵を切り始めたので、今後、ますますキャッシュレス化が進んでいきます。わからない、難しいと壁を作らないで、まずは一度、使ってみることが大切。最初に設定してしまえば、あとは使うだけなので簡単です。スピーディーな決済に慣れている筆者は、現金払いが面倒に感じることもあります。

■プロフィール

カード・クレカの賢人 綿谷禎子

ライター、「All About」ガイド。情報誌の編集部から編集プロダクションを経てフリーランスのライターに。現在は小学館発行のビジネス情報誌『DIME』を中心に、企業のオウンドメディアや情報サイトなどで幅広く執筆。生活情報サイト「All About」のガイドも務める。自称、キャッシュレスクイーン。スマホ決済や電子マネー、クレジットカード、ポイント、通信費節約などのジャンルのほか、趣味の文具や手帳の記事も手掛ける。