画像

写真拡大 (全2枚)

 ブレインパッドは、同社が提供するレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster(アールトースター)」に、管理画面上でレポート・ダッシュボードを作成できるカスタムレポート機能を追加。あわせて、マーケティングダッシュボードの構築支援サービスを開始した。

 同サービスでは、デジタルマーケティングコンサルタントが企業へのヒアリングを行い、課題に合わせてカスタムレポートを作成する。レポートでは「Rtoaster」で取得した複数のデータを統合・分析・可視化し、精緻なユーザー分析を実施。これにより、たとえばECサイトの各アイテムがどの顧客ランク層に購入されているのかを明らかにする。分析結果は「Rtoaster」の管理画面上でダッシュボード化されるため、企業はアクセス解析ツールを利用せずにユーザー傾向を把握し、マルチチャネル施策を実行できる。

 また同サービスでは、専属のデータサイエンティストがマーケティングにおける指標の設定を支援。マーケティング担当者が抱える「追いかける指標の数が多過ぎる」「KPIに対して適切な指標の設定ができない」といった課題を解決する。これにより、担当者は「Rtoaster」で得られるデータを活用しながらPDCAを回すことが可能になる。

MarkeZine編集部[著]