急死した元恋人マック・ミラーの地元公演で涙を流したアリアナ・グランデ(C)AFLO

写真拡大

 4枚目のアルバム『スウィートナー』を掲げてワールドツアーを発表した人気歌手アリアナ・グランデが、元交際相手で2018年に急死したラッパーの故郷ピッツバーグでの公演で涙を見せる場面があったという。

【写真】26歳で死去…「マック・ミラー」フォトギャラリー

 2年間の交際の末、2018年5月にマックと破局したアリアナ。マックが2018年9月に薬物の過剰摂取により急死したことに心を痛め、ツイッターやインスタグラムなどのSNSなどで、たびたびマックに哀悼の意を表していた。

 楽曲「Thank U,Next」で元彼のことを歌っているアリアナ。マックに関しても「マルコム(本名)にありがとうと言えたら良かったのに…」といった歌詞がある。

 E!Onlineによると、アリアナは現地時間12日、ピッツバーグ公演で「Thank U,Next」のパフォーマンス中に涙をこらえきれず、歌えなくなったという。アリアナの気持ちを察した観客からは、大きな声援が巻き起こっていたとのことだ。

 アリアナは公演が始まる前にもマックを追悼し、会場にマックの楽曲を流していたそうだ。観客が「泣いてしまいそう」などとツイートしており、中には「彼のために空の席が用意されていた」というツイートもあったという。

 マックはアリアナと交際中もドラッグやアルコールの問題を抱えていたと報じられている。マックと破局後、コメディアンのピート・デイビッドソンと交際し、スピード婚約したアリアナは、マックの死から約1ヵ月後にピートとの婚約を解消した。