ホラー映画『シライサン』怨霊の恐怖を描く - 乙一こと安達寛高が長編監督デビュー

写真拡大

怨霊の恐怖を描く映画『シライサン』が、2020年1月10日(金)に全国公開される。

シライサン…という謎の言葉を残して死ぬものたち

薄暗い通りを歩いていると、鈴の音が鳴り、異様に目が大きな“それ”が近づき、自分の名を知っている者を次々と襲う。新たな標的は、この怪談をきいて“その名”を知ってしまった者たちだ―。

物語は、親友の突然の死から立ち直れない女子大生・瑞希が、弟の変死に直面した青年・春男に出会うことから始まる。

死因は心不全。眼球が破裂し、“何か"に怯え取り憑かれたように死んでいった彼らの真相を探るうちに、徐々にその“呪い”の秘密が明かされていく…。手がかりとして掴んだのは、死の直前に残された謎の言葉“シライサン”。大学生と新聞記者が徐々にその核心に近づいていくが、そこには理解を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた。

主人公・端紀役 - 飯豊まりえ

端紀は、ごく普通で、純粋な女子大生。しかし、親友を目の前で亡くしたことがきっかけで、疑問に感じ、春男とともに事件を調べ始める。自分が犠牲になるかもしれないが恐怖に立ち向かう。演じる飯豊まりえは今回が初の単独主演作。

春男役 - 稲葉友

春男は大学生。死因は心不全、そして眼球が破裂、そして密室という不自然な状況で弟を亡くす。同じ状況で親友を失った端紀とともに一連の死亡事故について調べ始める。演じるのは『春待つ僕ら』などに出演してきた注目の若手俳優・稲葉友。

“シライサン”の正体とは…?

解禁されたビジュアルには、ロウソクの灯るお札を並べた部屋に佇む、髪の長い不気味な女性が…。彼女が呪いの正体である“シライサン”なのか?そして何故“シライサン”は、人々を襲い続けるのか?これまでになかった、ホラーの新アイコンが、死の恐怖へと引きずり込む―。

監督は乙一こと安達寛高

監督&脚本を務めるのは、小説家・乙一として『くちびるに歌を』など数々のヒット作を生んでいる安達寛高。『シライサン』のためにオリジナルで脚本を書き上げた。映像作品はこれまで手掛けたことがあるが、長編映画としてはデビュー作となる。なお本作は、カナダで開催される北米最大のジャンル系映画祭ファンタジア 国際映画祭Asian Sectionに選出されている。

小説&コミカライズ版発売

映画公開に先駆け、安達監督が小説家“乙一”名義で4年ぶりに書き下ろした完全新作『小説 シライサン』が11月21日(木)より発売。また11月28日(木)からは、原作の世界観を軸に、漫画家・崇山祟が“シライサン”という謎多きテーマを深堀したコミカライズ版『シライサン 〜オカルト女子高生の青い春〜』も販売される。

漫画を担当した崇山は「乙一先生いわく“好き放題暴れてください”。そこで私は学校で地味な読書と空想が好きな女の子の青春ものを描きたかったのもあり、ホラーとミックスしました。ホラー漫画でありながら、目立たない生徒たちの青春物語になりました。」とコミカライズ版の内容についてヒントを明かしている。

あらすじ『シライサン』

眼球が破裂した死体が連続して発見される。死因は心不全と判定された。そして、その連続して発見された死体に共通するところが、死の直前“何か"に怯え取り憑かれたようだったという、奇妙なところ。 親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊まりえ)と、弟を失った春男(稲葉友)は、共に奇妙な事件を調べ始める。鍵を握る詠子を探し出すが、彼女は「シライサン…」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心不全で死亡した。

事件に目を付けた雑誌記者の間宮(忍成修吾)も加わり、徐々に明かされてゆく“シライサン"の呪い…。核心に近づく三人だが、そこには理解を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた。

詳細

『シライサン』
公開:2020年1月10日(金)全国公開
脚本・監督:安達寛高
出演:飯豊まりえ、稲葉友、忍成修吾、谷村美月、染谷将太、江野沢愛美
主題歌担当アーティスト:Cö shu Nie
配給:松竹メディア事業部

■ムビチケ販売窓口
〈前売り特典なし〉ムビチケオンライン、ムビチケコンビニ券
〈前売り特典付き〉上映劇場、メイジャー通販((ムビチケカードと特典は郵送)
※いずれも、2019年11月現在発売中
※前売り特典は、スマートフォン専用ブラウザゲーム「目撃〜目でシライサンを撃退せよ〜」の超高難易度のステージ
[写真付きで読む]ホラー映画『シライサン』怨霊の恐怖を描く - 乙一こと安達寛高が長編監督デビュー

外部サイト

  • 2020年「実写化映画」の注目作はコレ!人気コミックや小説が原作、ハリウッド版作品も
  • アップリンク渋谷・吉祥寺で「見逃した映画特集 2019」グリーンブックなどの話題作、全90作品上映
  • 映画『スマホを落としただけなのに』続編、千葉雄大×成田凌で警察組織を巻き込んだサイバー犯罪を描く