柴犬たちと仲良く撮影に挑んでくれた渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本/撮影/黒羽政士

写真拡大

【写真を見る】犬たちがいることで撮影現場が和むことも多かったという<写真12点>/撮影/黒羽政士

なんてことのない日常であっても、話すネタはたくさんある。それらを掬いとっては日々ムダ話を繰り広げていく、3人のおっさんたち。お互いの本名も素性も知らない彼らだが、柴犬の散歩で立ち寄る公園で顔を合わせるうち、いつしか猗妙にして絶妙な距離感瓩鮹曚上げていくのだった──。

渋川清彦、大西信満、ドロンズ石本と3匹の愛らしい柴犬たちによる爛錺鵐汽鵐屮覘瓩鯢舛い織疋薀沺崋童園」が、このほどスクリーンへ進出。その撮影に没頭した時間を、3人がダベリり尽くす!

■ 「あらかじめ決めて芝居するというより、出たとこ勝負みたいな感じ」(大西)

──劇場版『柴公園』はドラマチックな展開もありながら、やはり主軸はお三方が愛犬を連れて公園でダベるシーンになっていますね。 

渋川清彦(以下、渋川)「とにかく『柴公園』はセリフが多いんですよ(笑)。しかも、柴犬たちが一緒にいるから、思わぬところでNGが出たりする。そういう意味では緊張もしましたし、単純に『噛んだらどうしよう』と不安になったりもして。でもね、犬がいると和むんですよ、俺は。目線があたる(渋川演じるあたるパパの愛犬の役名)にいったあと、一瞬でリラックスできたりもして。時々、犬たちが走りまわって現場が散らかることもあったけど、結果的には犬たちがいてくれて良かったなと思っています」    

大西信満(以下、大西)「僕の場合、ウチのじっちゃん(大西演じるじっちゃんパパの愛犬の役名)だけ芝居の経験がなかったわけです。いわゆるタレント犬のように訓練を受けてきた子じゃないので、カメラの向こうに何十人とスタッフがいるのを目にすると、固まっちゃったりして。ト書きに『ここで連れて歩く』と書いてあっても、結果的にできないというのが、わりと続いたので、ある時から考えるのをやめたんです。あらかじめ決めて芝居するというより、出たとこ勝負みたいな感じと言いますか…。それが結果として、よく映っていればいいんですけれどもね」 

ドロンズ石本(以下、石本)「このセリフは、あたるパパを見たほうがいい、ここはじっちゃんパパを見たほうがいいな…と思いながら、最初は覚えようとしていたんですけど、実際に犬たちがいると、そんなことは考えられなくなるんです。でも、僕の場合は最悪、犬を見たり撫でたりしながらセリフを思い出せばいいやっていうスタンスだったので、楽でした(笑)。犬が動くと、やっぱり目がいっちゃうんですけど、その“間”をうまく使えばいいんだって。そんなふうに思ったら、だいぶ気が楽になったんです」

■ 「いまとなってはこの組み合わせ以外は考えられない」(渋川)

──そういう意味では、柴犬たちにかかる比重が大きい現場でもあったとも言えそうですね。

大西「僕の演じたじっちゃんパパというキャラクターは、じっちゃんと過ごすなかでああいう人物になっていったところがあるんです。自分で作ったというより、犬たちによってキャラが確立されたというのは、多分にあって。急にキレたりとかするのも、彼女(※じっちゃんはメス犬)に適応するためにそうなったんです。僕がやたらと抱っこをするのも、歩いてくれなかった時の苦肉の策だったり。じっちゃんに顔を埋めるのも、偶然の産物なんですよね」

渋川「ああ、確かに言われてみれば、それはあるかもしれないね」

大西「あると思うよ。もし…自分があたるの飼い主役で、KEEさん(=渋川)がじっちゃんの飼い主だったとしたら、それぞれのキャラ設定も全然違っていたはずで」

渋川「そっか…そうだよな」

石本「そうやって考えてみると、それぞれのワンちゃんとの組み合わせもピッタリだったなって思うんですよ。誰が決めたんだろう、この3人と3匹の組み合わせは?」 

渋川「確かに、いまとなってはこの組み合わせ以外は考えられない。石本さんが

、黒柴(じっちゃん)を連れているイメージはないですね」

石本「あ、やっぱり? 赤柴(=さちこ)ですよねぇえ(笑)」

渋川「大西も赤柴じゃないよ。黒柴っていう感じがする」

大西「ああ、そうなのかなあ」

渋川「うん。俺も赤(柴)だもん」 

石本「相性だってあるわけですし。そう思うと本当に見事なんですよ」

■ 「柴犬たちが一緒にいてくれたおかげで、僕的にはいい感じの距離感になったんです」(ドロンズ石本)

──その組み合わせの妙は、お三方にも当てはまるのかな、と思ったりもしました。 

大西「実は撮影中、1度も3人で飲みに行かなかったんですよ。というか、分量がすごくて翌日も朝早いから、物理的に行けなかったんですけど(笑)。毎日、顔を合わせているのに飲んだことがない、その微妙な距離感みたいなものが、すごく今回の作品に合っていた気がします。親しくしゃべるんだけど、それ以上は立ち入らないという。そういう不思議な関係性が映像にも出ているんじゃないかなと」

石本「僕は、渋川さんと大西さんがもともと仲が良いことを知っていたし、役のイメージで最初は“怖い人たち”と思っていて(笑)。でも、それこそ柴犬たちが一緒にいてくれたおかげで、僕的にはいい感じの距離感になったんです。さちこパパという、ちょっと抜けている役柄にも助けられて、結果的に、ほぼプライベートと変わらない感じでお2人と接していました」  

渋川「たぶんね、犬とのペアだったから、それが可能だったと思うんですよ。猫だとまた全然違ってくるだろうから。というか、難しいんじゃないかな、猫が相手だと」 

大西「うん、猫は難しいだろうねえ」

■ 「現場って、それぞれが違うモノなんですよね」(渋川)

──話が前後してしまいますが、セリフが多い役を演じきった「柴公園」での経験が、別の現場で活きたということはありますか?

石本「それがですね、『柴公園』が終わってから次のドラマの撮影に入った時、『1日で14ページくらい覚えてたから、余裕だろう』と思って現場に行ってみたら、全然セリフが頭に入らなかったんですよ!」

渋川「そういうのあるよね、わかります」

石本「あ、わかってもらえます?」

渋川「あれだけ頭の中に多くのセリフを入れることができたんだから、次の現場は大丈夫だろうと思うんだけど、実際に現場に行くと全然関係ないんですよね、過去の現場経験って(笑)」

石本「そう、全然関係ないんですよ。僕ね、結構次の現場でNG出しちゃって。『あれ?俺、1日に14ページ覚えてたのになあ』って。でも、それが落とし穴だったというか、知らず知らずのうちに次の現場をナメて掛かっていたんだと思います。『柴公園』の分量を経験したから、自信がついたって勘違いしたというか…」

渋川「でもね、自信はついていたはずなんですよ、『柴公園』が終わった時点では。でも、現場って、それぞれが違うモノなんですよね。それをついつい忘れちゃう」

大西「確かに『やれば、できるんだ』っていう手応えは、瞬間的にですけど…感じることができたと思うんですよ。じっちゃんの名前の由来を話すシーンなんて、事前に100回言っても覚えられなかったのに、本番ではうまく言えて。で、『お〜、やればできるんだな』って思いましたからね(笑)」

石本「僕がビックリしたのは、その日のセリフを覚えるのも必死なのに、大西さんが翌々日に撮るシーンのセリフを一生懸命覚えていたことですね。『あれ、これ今日のでしたっけ?』『いや、明後日です』『え、いまやってるの!?』『うん、やっておかないとね』『でも、今日のセリフも長くないですか?』『そっちは大丈夫です』って、2〜3日後に撮るシーンのセリフも入れながら、目の前の芝居にも取り組んでいて。だから逆に、僕は開き直ったんです。明日の分は明日覚えるって(笑)」

渋川「集中力がすごいんだよ、石本さんは。逆に、俺らは不安で不安で、何日か前に少しでも(セリフが)入ってないとダメなんだよね」

大西「単純に分量だけじゃなくて、この作品は唐突にわけわからない話題に飛ぶのがクセモノなんですよ。基本的にセリフにはリズムがあって、理屈でなんとなく言えるものなんだけど、『柴公園』に関しては『なんで急にこんなことを言うんだろう?』ってなる。それもあって、覚えづらかったんですよね」

石本「そうそう、『そういえば、あれ知ってます?』みたいなことを言って、話題が急に切り替わるっていう(笑)。1対1で2人が会話する時はキャッチボールできるんですけど、3人になると『そういえば、こないだ…』みたいに、割って入るパターンが出てくるから、こんがらがるんですよね」

──ちなみに撮影が終わってから、皆さんで飲みには行かれたんですか?

石本「それが行ってないんですよね(※取材時)」

大西「打ち上げで飲んだぐらい」

渋川「俺と大西でも飲みに行ってないもんね」

石本「渋川さんは『柴公園』の後にすぐ舞台があったから、誘うの遠慮していたんですけど。ようやく舞台も終えられたし、大西さんとも共通の知り合いがいたから『飲みに行こう』っていう話にはなってたんですけど、まだ行けていなくて」

大西「なかなか3人の都合が合わないんです」

渋川「ということでね、そろそろ行けたらいいですよね(笑)」(Movie Walker・文/平田真人 構成/編集部)