笑いと涙の教育エンタテインメント

写真拡大

 米ハリウッドでも活躍するインドの名優イルファン・カーンが主演した「Hindi Medium(原題)」が、「ヒンディー・ミディアム」の邦題で9月6日から日本公開されることが決定した。洋品店を営む夫婦が、娘の“お受験”のため壮絶に奮闘する姿を描く、笑いと涙の珠光の“教育エンタテインメント”だ。

 デリーの下町で結婚衣装の店を営んでいるラージ・バトラは、妻のミータ、娘のピアと暮らしている。彼らは娘を進学校に入れることを考えていたが、親の教育水準や居住地などが合格を左右することを知り、ラージは高級住宅街に無理矢理引っ越しを決める。そうして臨んだお受験だが、結果は全滅。しかしある進学校が「低所得者層のために優先入学枠を設ける」と聞くと、追いつめられたラージたちは、貧民街に引っ越し優先枠を狙い始める。

 「スラムドッグ$ミリオネア」「ジュラシック・ワールド」「インフェルノ」などで知られるカーンが、家族想いでありながらどこか抜けた父親をコミカルに演じる。好演が評価され、国際インド映画アカデミー賞、スター・スクリーン・アワード、フィルムフェア賞でそれぞれ主演男優賞に輝いた。

 ラージの美しき妻でなりふり構わない教育ママ、ミータに扮するのは、サバー・カマル。隣国パキスタンで活躍するトップ女優が、本作でインド映画初出演を果たし、凸凹夫婦の軽妙な掛け合いを披露している。

 なおインドでは、より良い仕事を得るためには英語が必須とされている。今作はコメディタッチではあるが、物語自体は同国で実際に起きた「父親のバックグランドが低評価を受け、娘の学校入学が拒否された」という事件がベースだ。監督・脚本のサケート・チョードリーは、主人公たちのように「高等教育を受けられなかった親たち」へのインタビューを幾度も実施。丁寧なヒアリングを経て、真摯な姿勢で製作にあたった。

 「ヒンディー・ミディアム」は、9月6日から東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。