(C)2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

写真拡大

三吉彩花が主演をつとめ、『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督がメガホンをとるミュージカル映画『ダンスウィズミー』のキャラクター動画が解禁となった。ムロツヨシ、やしろ優、chay、三浦貴大、宝田明の“クセがすごい”キャラが次々と登場する。

『ダンスウィズミー』キャラクター動画 その他の写真

三吉演じるのは、子どもの頃から“ミュージカルニガテ女子”の主人公・鈴木静香。彼女は突然、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出す体になってしまいパニックに。街中には音楽があふれ、マンション、オフィス、レストラン、夜の公園、病院…ところかまわず体が動いてしまう。耳をふさぎ「とにかく静かなところまでお願いします」とタクシーに飛び乗るも、静かなところなど簡単に見つかるわけもなく、「この変な催眠治して、明日までに会社に戻らないと大変なの!!」と嘆く。

キャラクター動画では、そんな静香の大ピンチに登場した、ひとクセもふたクセもある5人のクセモノたちを紹介。「ほら、乗りなよ」と静香を助手席に乗せ、真顔で車を走らせるのは、ムロツヨシ演じる“こズルい調査員”の渡辺義雄。「そういうのは成功報酬と引き換えで…」と電話口の人間と内緒話をしたり、木の陰からコッソリ見ていたり、と怪しく動き回っているかと思えば、個性的なキャップとうちわを持ったかわいらしい姿を見せるなど静香を翻弄する役どころだ。

また静香の旅の相棒として登場するのは、ご機嫌なダンスでお金を集め「貰えるもんは、ちゃんともらうかんね」と貯金箱を抱えはじける笑顔を見せる、やしろ優演じる“お金とイケメンに弱いフリーター”の斎藤千絵。イケメンを前にハイテンションで歌って踊り狂う姿に、静香はペースを乱されっぱなしに。そんな静香と千絵の前に現れたのは、目をうるませ悲しい表情で歌う、chay演じる“ワケありミュージシャン”の山本洋子。「今日のパーティーで一緒に歌ってくれない?」との誘いを受け、一同が向かった先には、予想だにしないとんでもないトラブルが待ちかまえていた。

さらに静香の元には「僕のチームに来てくれないかな?」と三浦貴大演じる、イケメンではあるが妙な笑顔が“嘘くさいエリート”村上涼介や、「あなたは明日からミュージカルスターになった気分です」と訳の分からないことを言う、宝田明演じる“インチキ催眠術師”マーチン上田も登場。果たして静香の運命はどうなってしまうのか? ひとクセもふたクセもある面々との出会いが予測不能な展開を巻き起こしていく。

『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開となる。