お金をかけて投資するものというのはどうしても、まずは人目に触れるところからになるのが常。けれど、“じゃない”ところにどれだけ時間とお金をかけられるかが、実は人生の豊かさであり大人の楽しみに繋がっている。自分自身を喜ばせるところに、あなたはちゃんと投資できているだろうか?
(撮影=小林美菜子、以下すべて同じ)

■目立たないところに投資する豊かさ

肌触りのいいシーツ、うっとりするほど美しいランジェリー、旅行バッグにしのばせるパスポートケース。普段他人からはあまり目につかないものや、「あってもなくても死なない」といわれるようなものに人知れずお金をかけるとき、私たちは豊かさを感じることがある。

その密やかな投資の陰には、特別にアピールしなくたって、積極的に日々を楽しもうとしている姿勢と「誰かに見られてもいいし、見られなくたっていい」。そんな信念を感じるからかもしれない。

働く女性として、身だしなみや持ち物のステイタスにこだわるのは至極当然なこと。けれど、パッと見の目立つ部分ばかりにこだわって、人目につかないところでとことん手を抜いていると、つくられた身だしなみは一気にハリボテ感が高まってしまう。それがどこか“ニセモノ”なのを、私たちは敏感に感じ取ってしまうのだ。

■「あなた不在」の仕事に周囲は興味がない!

他人からあまり注目されないもの、使用頻度の低いものへ投資するのは、日々の生活に余裕がなければできないこと。ましてや自分自身を軽視していれば、家の中で使うものや下着、バッグの中身などにはなかなか予算を回せないのが現状だ。

けれど、自分で自分を喜ばせるため、鼓舞するため、そして承認欲求とは関係のないところで生きるとき、私たちは自分のためだけにお金をかけたくなる。見た目や使い勝手を重視したバッグの中から、「好き」主導で選んだ小物を取り出すとき、忙しさでなおざりになっていた自分自身への敬意を取り戻し、閉じ込めていた本心を思い出すきっかけにだってなってくれる。

こうして“隠れ名品”もまた、真摯に選ぶことで、われわれ働く女性にとって小さな、けれど大切な相棒になってくれる。それはとても大事なことで、なぜなら、あなたらしさがない仕事には、誰も興味がないのだから。

■他人から見えない部分=自己評価の表れ

他人から評価される機会があまりないものほど、自分への扱いが大きく反映されている。つまり、周りの目には映らないものへの投資額が、あなたの自己評価そのものだということ。自己評価が低ければ、人前でよく手に取るもの以外はどうでもいいと感じるかもしれないし、自身をきちんと肯定できていれば、そんな自分にふさわしい素敵なものが必要だ、というように。

スーツがマストなキャリア女性からは「バッグの中身ぐらいはとことん好きなものにこだわる」という意見も多く聞くけれど、だからこそ上質なものを。自分のためだけに選ぶものはときに、とびきり贅沢だっていい。

今月の名品

スマイソンのトラベルウォレット&パスポートケース

非の打ち所のないストイックなフォルムや上質なレザーのツヤ感は、極上ヴァカンスのお供にふさわしいオーラを放っている。(上)トラベルウォレット6万3000円、(下)パスポートケース2万4000円/スマイソン(ヴァルカナイズ・ロンドン)
トラベルウォレットをひとたび開いた瞬間から、素敵な旅は始まる。細かく分かれている仕切りや大きなポケットなど、実用性がありながら大人キュートなデザインが私たちをワクワクさせてくれる。
シンプル派に人気のパスポートケース。ヴィヴィッドなカラーとラグジュアリーなレザーの質感が自分への投資力を証明してくれる。

問い合わせ先●ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255
※価格は税抜き表示です。

(フリーエディター&スタイリスト 木村 綾乃 撮影=小林美菜子)