再びモテキャラにふんする中村倫也

写真拡大

 俳優の中村倫也が、黒木華主演のTBS系7月期金曜ドラマ「凪のお暇」(毎週金曜夜10時〜)に出演することが14日、同局より発表された。ディズニー映画『アラジン』(公開中)の主人公アラジンの吹替えも話題の中村が演じるのは、出会う全ての女子をとりこにしてしまう、人たらしのイベントオーガナイザー、安良城ゴン(あらしろ・ごん)。中村は、「一見やばそうな雰囲気を醸し出しているのですが、実はとても優しく穏やかな性格。悩みなんてないように見えますけど、実は周りから自分を理解してもらえないという悩みがあって。表面だけではわからないゴンが抱えている孤独感をしっかり背負いながら演じていけたらいいなと思っています」と意気込みを語っている。

 本作は、月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサトの同名漫画をドラマ化。他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れた28歳のOL・大島凪(黒木)が会社を辞め、関わってきたすべての人々と連絡を絶って人生のリセットを図る。中村は、凪の新居のアパートの隣人で、物語をかき乱すキーパーソンにふんする。

 朝ドラ「半分、青い。」でヒロインが恋に落ちる、ふわっとした雰囲気を持つ魔性のモテ男・まーくんこと朝井正人役で人気を博した中村。映画『美人が婚活してみたら』では一転して恋愛偏差値の低い奥手な婚活男子にふんした彼だが、今年1月クールのドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)では元ヤンのモテ教師を好演。本作で演じるゴンは、腕には入れ墨があり、毎晩クラブ仲間と部屋で飲み騒ぎ、どこか危険な匂いのする男。

 プロデューサーの中井芳彦は、中村のキャスティングについて以下のように述べている。「誰からも愛される男、だけど自身は孤独を抱えて生きているゴンという役を、中村倫也さんに是非とも演じていただきたく、今回思い切ってオファーさせていただきました。主人公との恋愛とともに、彼自身の内側からの成長も描こうと思っています。彼がどんな未来を選び、どんな結末を迎えるか、最終回まで楽しんでいただけたらと思います」

 凪の元彼・慎二役に高橋一生が決定しており、彼と全く異なるタイプのゴンとの出会いによって、凪の人生はいかに変化するのか? 三角関係に発展するのか、期待したい。(編集部・石井百合子)