『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』主題歌を担当するWANIMA
 - (C)尾田栄一郎 / 2019「ワンピース」製作委員会

写真拡大

 人気アニメ「ONE PIECE ワンピース」の新作映画『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』(8月9日全国公開)の主題歌を、3人組ロックバンドWANIMAが担当することが明らかになった。

 漫画家・尾田栄一郎の大ヒット漫画を原作に、1999年に放送を開始したテレビアニメは、今年で放送20周年を迎える。『ONE PIECE FILM GOLD』(2016)以来となる新作映画は、「祭り屋」と呼ばれるブエナ・フェスタが主催する海賊万博を舞台に、お宝争奪戦に乗り出すモンキー・D・ルフィ率いる麦わらの一味が、元ロジャー海賊団で“鬼”の跡目ことダグラス・バレットと対峙する。

 そんな同作に、7月発売のニューシングルに収録される楽曲「GONG」を提供するWANIMAは、メンバー全員が原作者の尾田と同じ熊本県出身。同バンドでベース&ボーカルを担当するKENTAは、「幼い頃から読んで、観て、真似してともに育った『ONE PIECE』の映画の主題歌にWANIMAの音楽を選んで頂きました。ひと足お先に台本を読ませて頂き、控えめに言ってむちゃくちゃヤバい事になっておりました」と主題歌抜てきに喜びをにじませる。

 WANIMAの起用について、フジテレビの梶本圭プロデューサーは「『TRACE』(※1stシングルの収録曲)を聴いたとき、頭の中に『ONE PIECE』の画がいくつも浮かんできたんです。 曲調、歌詞、歌声3拍子揃ってこんなにも『ONE PIECE』に相応しいアーティストがいたのか!! と、 自分の中でいつか必ずご一緒したいと思い続けていました 」とコメント。「ONE PIECE」好きなWANIMAからも、「オファーを待ち続けていました!!」と返答をもらったため、今回の起用に至ったという。

 主題歌「GONG」には、麦わらの一味9人も掛け声で参加。KENTAは、「楽曲のどの部分を切り取っても、『ONE PIECE』の熱やキャラクターたちの息づかいが感じられるように、だれが聞いても『ONE PIECE』の主題歌だと思ってもらえるように、音と向き合いました」と自信をのぞかせる。映画の脚本だけでなく原作コミック全巻を読み直して制作したという、メンバー全員の「ONE PIECE」愛に満ちた楽曲が映画を盛り上げる。(編集部・倉本拓弥)