たった4人のソ連兵捕虜が戦車を操り
ナチスドイツの軍勢に挑む (C)Mars Media Entertainment, Amedia,
Russia One, Trite Studio 2018

写真拡大

 ロシアで観客動員800万人、興行収入40億円という大ヒットを記録した戦車アクション映画「T-34」が、「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」の邦題で10月25日に公開することが決定し、あわせて特報とティザービジュアルが公開された。第67回アカデミー賞外国語映画賞に輝いた「太陽に灼かれて」の巨匠ニキータ・ミハルコフが製作を務め、たった4人のソ連兵捕虜が戦車を操り、ナチスドイツの軍勢に挑む壮絶な戦いを描く。

 第二次世界大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出撃した前線で惜しくも戦いに敗れ、ナチスドイツ軍の捕虜となってしまう。戦車の指揮官だったイヴシュキンは、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車「T-34」の操縦を命じられる。演習では砲弾を装備することは許されず、ひたすらナチスの戦車軍から逃げ惑うことしかできない。命令に背いても、演習に出撃しても必ず死が待っている。イヴシュキンは収容所で出会った仲間と愛する人のため、無謀な脱出計画を企てる。

 「バーフバリ 王の凱旋」のVFXで知られるスタジオ「Film Direction FX」が携わり、最先端の映像技術を結集した本作。劇中の「T-34」は全て本物の機体が使用され、俳優陣が自ら操縦したという。そんな本格的なアクションがちりばめられた特報の冒頭では、「たった4人の捕虜」「1両の戦車」「6発の砲弾」という過酷な条件を次々と活写。しかし、そんな絶望的な状況を吹き飛ばすかのように、かすり合いながら交差する砲弾、ドリフト旋回し宙に舞う戦車が映し出されており、臨場感にあふれたスリリングな映像が完成した。

 ティザービジュアルは、ソ連の「T-34」とナチスの「パンター」という2両の戦車を上空から切り取ったスタイリッシュな仕上がり。互いに主砲を向けて狙いを定め、今まさに砲弾が発射されようとしている、一触即発の瞬間をおさめている。

 「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」は、10月25日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。