「“世界最高”のスーパースター、BTSに期待する「過去にとらわれない」躍進:「Map of the Soul: Persona」Pitchforkレヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら

K-POP界が生んだ“スーパーヒーロー”、BTS(防弾少年団)。韓国出身のボーイズグループとして活動するRM、JIN、SUGA、J-HOPE、JIMIN、V、JUNGKOOKの7人組の、世界を舞台にした躍進はとどまることを知らない。

BTSの結成は2013年。ヒップホップが席巻しつつあった当時の韓国の音楽シーンで、ラップ中心の楽曲を発表し続けてきた。メンバー自らがつくり出す音楽や社会性を意識したメッセージ、洗練された芸術性を感じさせるヴィジュアルはすぐにファンを惹きつけ、昨年リリースした『Love Yourself 轉 ‘Tear’』で韓国のアーティストとして初めて米ビルボード200で1位を獲得。国際的なアーティストにはめったに見られない、新たなレヴェルの評価を勝ち取った。そう、このとき、スーパーヒーローたちは勝利を収めたのだ。

関連記事:BTSの「Love Yourself 轉 ‘Tear’」は、効率性を追求した万華鏡のような作品だ:Pitchforkレヴュー

人気作の続編にありがちな“罠”

最新作『MAP OF THE SOUL : PERSONA』に収められた7曲を通して、BTSは新たな道を切り開き、商業ポップの世界でさらなる確固たる立ち位置を確立させようとしている。同時に、ミュージックヴィデオにヘルマン・ヘッセの引用やユングへの言及を盛り込むなど、いまなお高い志をもつアウトサイダーであることも徹底して示している。

一方で、アルバム全体として見ると人気作の続編にありがちな“罠”に陥り、過去の実績に依存しすぎているような印象もある。アレンジは全体的に凝りすぎて複雑になり、秀逸な詞の多くも自分たちへの言及が散りばめられた、メタ的な安手の大衆音楽に埋もれてしまっている。

アルバムの最初と最後を飾る2曲はいずれも、著作権フリーの音楽や社内向けヴィデオにありがちな洗練さに欠けるサウンドを軸に構成されている。ギターとドラムが目立ち、まるで誰でもダウンロードできる音楽サンプルからとってきたのかのような音に聞こえてしまうのだ。

冒頭曲「Intro : Persona」では、2014年リリースのアルバムからビートを再び使っている。しかし、その背景を知らない新しいリスナーにとっては、陳腐で不発な印象を与えてしまうかもしれない。歌詞では、リーダーRMが自己を過小評価してしまうインポスター症候群だった自身について、そして音楽を追求するモチヴェイションを取り戻すさまについての詩的に歌っていることを考えると、残念だと言わざるをえない。

魅力的なコンセプトに不相応な「音」

クロージングトラック「Dionysus」は、大規模なスタジアムライヴ向けのファズに始まり、詰め込んだ感のあるトラップに、それから作為的なブレイクダウンへと移行する。メンバーがヴォーカルで曲を引っ張っているというより、むしろ曲に引きずられているようだ。

それでも、詞は全曲のなかでいちばん魅惑的だ。酒に溺れるさまを見つめ、享楽的な10代の若者に受け入れられたケンドリック・ラマーの「Swimming Pools(Drank)」のように、「Dionysus」も享楽的なパーティーソングに見せつつ、自己の存在に対する内省を展開している。

ブリッジではSUGAがオートチューンでトラヴィス・スコットばりのラップを披露。酒を飲むという行為を不変である芸術への創作意欲になぞらえながら、スターであることの陳腐さを歌う。「新記録とは自分との戦いだ、祝杯をあげても俺はまだ喉が渇いている」

この曲のプロダクションのポイントは、あえて「不快感」を出した点にあるのだろう。しかし本来は魅力的な曲のコンセプトにもかかわらず、それをこの消耗するような音に乗せてしまった結果、せっかくの“魅力”が伝わりづらくなってしまっている。

過去のアルバムではRM、J-HOPE 、SUGAの力強いラップが全体をしっかりまとめていた。それが本作は、ばらばらの異質な要素で構成されている印象を受ける。

あまり記憶に残らない曲と言えるであろう「Mikrokosmos」は、いわば高価なのにガタつくシンセポップのランニングマシーンをメンバーが代わる代わる乗り降りしているかのよう。狙ったはずの感情の高みには届いていないのだ。「Jamais Vu」ではJUNGKOOK、JIN、J-HOPEがドラマチックなバラードに仕立てようとするのだが、やはりこちらも3人のラップがほかの要素と合っていないように感じる。

「過去」に頼らない、更なる躍進に期待

これに対し、このアルバムのハイライトである「HOME」では、7人がまとまるといかにわくわくする世界が生まれるかを示してくれる。ダイナミックな歌い回し、メンバー間の相互作用は流れるように自然で巧みだ。デビュー曲「No More Dream」の詞への言及があるものの、過去の作品を振り返らずとも十分に引きつけられる。外面的な成功を手にしながら、本当のつながりを切望する心を歌ったナンバーだ。

そのほかいくつかあるアーティストとのコラボレーション曲は楽しめはするが、必ずしも注目に値するとは言い難い。リード曲「Boy With Luv」にはホールジーが(わずかだが)参加、R&B調のナンバー「Make It Right」にはエド・シーランが制作に携わっている(表には出てこない)。

『Map of the Soul : Persona』は“失敗作”というわけではないが、傑作とは言い難い。BTSはこれまでのK-POPグループが夢見た以上に、世界の人々の心をつかむ術を深く理解している。7人がひとつになった魅惑的なユニットなのだ。

自分たちの音楽を自らの手で思い通りにコントロールし、メンバー同士がうまく調和したとき、BTSは言葉の壁も文化の壁も越えていく。本作が失速している印象を与えるのは、BTSもプロデューサー陣も、巨大なオーディエンスのなかで築き上げた神話を強化しようとするあまり、隙のない完璧な楽曲を紡ぎだすことを見失っているからかもしれない。

“世界最高”のスーパースターの物語は、全世界に向けて描かれている。ナードな引用を織り交ぜながら人間という存在のあり方に向き合い、コアなファンにも、新たなオーディエンスにも壮大な体験を届けてくれる。

その体験は、彼らを通さなければ何の共通項もないであろう人々を結束させてくれる。BTSはその実力をすでに証明してきている。しかし、本作では過去を振り返ることに重きを置きすぎ、世界が期待するK-POPスターであることをおろそかにしているのではないだろうか。