何かと悪いイメージのある「中性脂肪」だが、一方で人間が生きていくためになくてはならないエネルギー源、つまりエネルギーの貯蔵庫でもある。

 この貯蔵量が少ないと、体温の維持や衝撃から体を守るという基本的な働きが失われる。栄養素が足りない状況になるわけだ。

 しかし、エネルギーとして使われなかった中性脂肪は、肝臓や脂肪組織、皮下、血中に蓄えられて、その多くは皮下脂肪になってしまう。それだけでなく中性脂肪が多くなると、血中の中性脂肪値が高くなり「脂質異常症」と言う疾患に罹る恐れが出てくるのだ。

 血管などに必要以上に中性脂肪が貯まると、エネルギーが消費されず、善玉コレステロールが減って、悪玉コレステロールが増えてしまう。

 東京都三鷹市の三木健司さん(53=仮名)は、健康には絶対的な自信を持っていた。毎年行う健康診断でも、ほぼ「Aランク」の判定だった。視力が少し悪いくらいで、内科はほとんど異常なし。医師に「今の生活を維持してください」と言われていたほどだ。

 ところが昨年秋、突然、心筋梗塞に襲われた。一時は大騒ぎになったが、一命は取り留めた。だが、心臓の血管の動脈硬化がかなり進行していることが分かったのだ。

 東京都内で総合医療クリニックを営む医学博士・久富茂樹院長はこう語る。

 「健康診断などで検査数値が正常範囲内でも油断してはいけません。“食後脂質異常”の可能性が高くなるし、同じように食後、中性脂肪値もハネ上がってしまうことを自覚すべきです。これを軽く考えて対応しないと、恐ろしい心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなってしまうのです。そうでない人に比べると5倍ほど高いという報告も上がっています」

 中性脂肪が高い状態が続けば、血管がボロボロに傷つき、動脈硬化が進行し、心筋梗塞、脳卒中のほか糖尿病を起こしやすくなる。その境界は150ミリグラム/デシリットル(10〜12時間ほど絶食した空腹時の中性脂肪値)で判断するのが一般的と言われる。

 ところが最近、空腹時の中性脂肪は正常範囲内なのに、食後の中性脂肪値がかなり高い人がいることが分かった。健康な人でも、食事をすれば中性脂肪値は上昇するが、その上昇程度が異常ということだ。

 ある研究によると、メタボの人が代表的な高脂肪食であるファーストフードを食べると、食後に上昇した中性脂肪値が6時間も高止まりしていることが分かった。一般的に中性脂肪は食後、速やかに代謝されるが、メタボなどで脂質の代謝が悪い人は、血中に長く滞留しやすい。それで動脈硬化が進むと考えられている。

 昭和大学横浜北病院循環器センター・工藤俊之医師はこう説明する。

 「こうした疾患は、中性脂肪が分解される過程でできる『レムナントリポタンパク』が問題なのです。このうちのレムナントは、血液中のリポタンパクが中性脂肪やコレステロールがタンパク質と結びついて分解されてできる残り屑を指しますが、この測定には専門的な技術が必要になります。ですから健康診断などで調べられることではありません。また、白血球の一種であるマクロファージが、その屑を異物として取り込むと、血管壁に沈着、動脈硬化を促進させます。さらに中性脂肪が高く、善玉のHLDコレステロール値の低い人や糖尿病の人にも、その傾向が強く見られ、総コレステロール値がそれほど高くなくても、悪玉の小型LDLが多いと動脈硬化を進めるというデータも出されています」

 いずれにしても、血液がドロドロなどと言われ、血液中の脂質のコレステロールや中性脂肪のどちらか、もしくは両方が増えすぎた高脂血症と診断された人は、すぐに医療機関で治療すべきだ。