パンチありすぎ…!『MIB』のエイリアンたちが個性的!

写真拡大

地球に生息するエイリアンを監視する組織「MIB」の奮闘を描く大ヒットシリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日(金)より公開される。エージェントたちの活躍や心踊るガジェットなど見どころ満載の本作、中でも目を引くのが、個性豊かなエイリアンたちの姿だ。

【写真を見る】クリクリなおめめがかわいすぎるエイリアンも登場!

ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズがコンビを務めた過去3作にも、人間を隠れ蓑として顔の中に住み着いていたアルキリアン星人から、人間の皮膚を被りなりすましていたグロテスクな見た目の宇宙人バグに、二つ頭のスクラッド(とチャーリー)など、見た目も性格もバリエーション豊富な宇宙人たちが多数登場してきた。『マイティー・ソー バトルロイヤル』(17)でもおなじみのクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンが主演を引き継いだ本作では、宇宙人たちの個性もさらにパワーアップしている!

肩乗りサイズの体に、クリクリの瞳を持つ超キュートな新キャラクター“ポーニィ”は、気高き心を持つ傭兵のエイリアンだ。仕えていた女王の亡き後、エージェントM(トンプソン)を慕うようになり、重要なキャラクターになりそう。ほかにも、何にでも変身できるという桁外れの能力を持つ双子のエイリアンや、顔中にキノコが生えているエイリアン、背中に3本目の手を持つエイリアンなど、見た目のインパクトが抜群!過去3作に負けない、個性があふれまくった“宇宙人の宝箱状態”になっているのだ。

また、やけに人間味のあるコーヒー好きの宇宙人・ワームや、見た目はパグだが中身はトップエージェントのFことフランクなど、1作目から登場している組織で働くおなじみのキャラクターたちも登場し、ファンならテンションが上がること間違いなし。アクションや物語はもちろん、スクリーンに所狭しと映し出されるこれらのエイリアンたちを眺めているだけでも、十分に楽しめる作品になっているぞ!(Movie Walker・文/トライワークス)