保育園児の列に車が突っ込み、2園児が軽傷を負った事故現場=13日午前、兵庫県西宮市(南雲都撮影)

写真拡大

 13日午前9時50分ごろ、兵庫県西宮市樋之池町の市道で、車が歩道を歩いていた保育園児17人と職員2人の列に突っ込んだ。

 6歳女児が肩甲骨を折る重傷で、5歳女児が軽傷。兵庫県警西宮署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、車を運転していた無職、上田理恵子容疑者(69)=同市=を現行犯逮捕した。上田容疑者が運転操作を誤った疑いがあるとみて事故状況を調べている。

 県警によると、車は片側1車線の市道から、方向転換のため病院の駐車場に右折で入ろうとしたところ、歩道を歩いていた園児ら19人の列に突っ込んだとみられる。車は駐車場入り口のポールに衝突し停止した。

 被害に遭ったのは現場から約50メートル離れた「のぞみ夢保育園」の園児と職員で、近くの公園まで歩いて向かう途中だった。同園は「状況を確認中で、現段階で対応できない」としている。

 5月には大津市の交差点で車2台が衝突し、その弾みで軽乗用車が保育園児の列に突っ込み2人が死亡する事故が発生したばかり。

 事故直後の様子を目撃した近くの女性(55)は「子供が車の下敷きになっているようだった。周りの子供たちも激しく泣いていた。大津のような事故がここでも起きるなんて」と不安そうに当時の状況を振り返った。

 現場は阪急甲陽線苦楽園口駅の北西約600メートルの住宅街。