Young attractive yogi woman practicing yoga, standing in Tadasana exercise, mountain pose, working out, wearing black sportswear, cool urban style, full length, grey studio background

写真拡大

姿勢をよくすると見た目も変わる

気温が上がり、薄着になる日が多くなってきました。薄着になると気になるのは、今まで隠していた場所!ダイエットしなきゃ…と焦る人も多いのでは?でも、ダイエットの前にまずオススメなのは、正しい姿勢を保つこと!なぜ姿勢が大切なのでしょうか?

ダイエットしようと思う動機には、やはり見た目が上がるはずです。ダイエットのための運動以外にも、見た目をスッキリさせるのに役に立つことがあります。それが姿勢です。

姿勢が悪いと、そんなに太いわけでもないお腹が出っ張って見えたり、背中も丸く、バストも下向きになり、メリハリなく見えてしまったりすることも。痩せ型の人でさえ野暮ったく見えてしまったり…。姿勢を整えることで、見た目もスッキリ美しく見せることができるのです。

姿勢を整えることで筋トレにもなる!

なぜいい姿勢を保つことが難しいでしょうか?一つの理由として、「疲れるから」が挙がるかもしれません。多くの人は、いい姿勢を作ろうとすると、いつも使わない力を使うので疲れる感じがするでしょう。反対を言えば、普段姿勢を保つ時に、必要な筋肉を使わずに生活しているということなのです!

ということは、姿勢を保つように意識すれば、見た目の変化はもちろん、内面も少しずつ変わることができるということ。姿勢を保つだけの必要な筋肉を普段から日常的に使っていれば、筋トレにもつながりますし、結果的に筋肉がつくことで、姿勢保持もしやすくなり、無理なく正しい姿勢でいることができるのです。いい循環を生み出して、見た目も内面も変わるというわけです。

美しい姿勢を練習しよう!

では、実際に姿勢をよくして立ってみましょう!

1:両脚をしっかりくっつけて立つか、腰幅くらいに広げて安定させましょう。

2:つま先は正面を向け、ヒザも同じ方向に向くようにしましょう。内股やガニ股にならないようにしてみましょう。

3:お尻の穴を締めるように、会陰部を引き上げてみましょう。お腹を凹ませるようにへそを背骨に近づけます。そのまま1〜2僂らいへそを肋骨のほうに持ち上げるイメージをしながら引き上げます。

4:骨盤を触って地面から垂直に立っていることを確認しましょう。

5:肩を少し後ろに引いて、肩甲骨を軽く寄せる意識をしてみます。胸はほどよく広がっています。ここで腰を反りすぎてしまったら、お腹の引き上げをもう一度意識してみましょう。

6:アゴは軽く引いて、頭のてっぺんを真上から引っ張られているように伸びていく意識を持ってみましょう。

このように、体を意識した立ち姿勢は、意外と大変です。でも、続けていくことで見た目だけでなく、内側の姿勢保持に必要な筋肉も鍛えられていきます。ぜひ、試してみてくださいね!

ライター:櫻井麻美
さくらいあさみ。大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。