開幕戦に間に合わず

写真拡大

FCバルセロナのブラジル人MFアルトゥール・メロは、金曜日にサンパウロで行われボリビアとのコパ・アメリカ開幕戦[日本時間15日(土)9:30]での出場は、事実上なくなったようである。

バルサの同選手は、ホンジュラスとの親善試合で激しいタックルを受けて負傷した右足首の怪我を引きずっており、開幕戦を欠場するようだ。

火曜日に行われた練習では、アルトゥールはチームメイト達と練習することはなく、マルキーニョスとジムに残り、調整を行なっていた。

ブラジルサッカー連盟(CBF)は、アルトゥールの復帰までの明確な期間を発表しておらず、理論的には6月18日にサルヴァドール・デ・バイーアで行われるベネズエラとの第2戦には間に合うことが予想されている。

CBFのメディカルチームがアルトゥールがコパ・アメリカに出場できないと判断した場合、ブラジル代表には追加招集の時間が残されている。変更の締め切りは現地時間13日(木)21:30となっている。