ブラジル代表のフィリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

グループA

コパ・アメリカ2019(南米選手権)が現地時間14日に開幕する。東京五輪世代18名を選出した日本代表や3連覇を目指すチリ、2大会連続準優勝のアルゼンチン、4大会ぶりの覇権奪回に燃えるブラジルなど、優勝を狙う強豪国は、どのような結果となるのだろうか。フットボールチャンネル編集部では、各グループの展望を記す。

-----------------

ブラジル◎
ペルー〇
ベネズエラ〇
ボリビア×

 開催国ブラジルが入るグループAは、1強3弱に近い状況となっている。

 ブラジルはエース・ネイマールを故障で欠くものの、ノックアウトステージ進出はほぼ間違いないとみられる。ただ、決勝まで戦うとなると、6試合を24日間で戦う過密日程。2試合でグループステージ突破が決まれば、3戦目にベテラン選手を休ませることもできる。これが、最終的な結果を左右することになるかもしれない。

 昨年、9大会ぶりにワールドカップに出場したペルーが、グループリーグを突破する可能性は高い。今年の親善試合では、パラグアイ、コスタリカといった中南米の中堅国に勝利を挙げている。初戦のベネズエラ戦に勝つことがグループリーグ突破に向けた最重要ミッションになるだろう。

 このグループの中で、ベネズエラは不気味な存在だ。今年に入ってから親善試合で米国、アルゼンチン相手に勝利を挙げており、コパ・アメリカでもダークホースになれる存在だ。ペルー同様、初戦のペルー対ベネズエラが、グループステージの結果を大きく左右するだろう。

 グループAにおいては、ボリビアのグループステージ突破は厳しいかもしれない。今年就任したエドゥアルド・ビジェガス監督のもとで4戦戦い、未勝利。3月のアジア遠征では韓国と日本と対戦し、ともに0-1で敗戦している。ノックアウトステージ進出への望みは3位での突破か。ブラジルは厳しいとしても、ペルー、ベネズエラのいずれかに金星を取れれば、突破の可能性が生まれるかもしれない。

グループB


アルゼンチン◎
コロンビア◎
パラグアイ▲
カタール▲

 力関係を見ると、アルゼンチンとコロンビアのノックアウトステージ進出が有力と見る。

 リオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディ・マリア、パウロ・ディバラら、豪華な攻撃陣を揃えるアルゼンチン。前線に比べて、守備陣には不安を抱えるが、グループBの対戦国を考えれば、突破は確実と言えるだろう。

 アルゼンチン同様、コロンビアの突破も問題ないだろう。ラダメル・ファルカオ、ハメス・ロドリゲス、フアン・クアドラード、ダビド・オスピナらを揃えたコロンビアは、攻守のバランスという意味では、アルゼンチンに勝るとも劣らない。両者が相まみえる初戦は注目のカードとなるだろう。

 パラグアイもチャンスがないわけではない。ロシアワールドカップ本大会への出場権は逃したものの、南米予選ではアウェーでコロンビアに勝利を挙げている。今年戦った4試合の親善試合で挙げた勝利はグアテマラ戦のみと、芳しくない結果だが、初戦のカタール戦に勝利を挙げることができれば、グループステージ突破のチャンスは生まれるだろう。

 招待国として出場するカタールは、今年2月にアジアカップで韓国、UAE、日本を次々と撃破して初優勝。2022年の自国開催のワールドカップに向けた、長年に渡る強化が身を結びつつあるカタールは、今大会のダークホース的存在になるかもしれない。

グループC


ウルグアイ◎
チリ◎
エクアドル▲
日本×

 南米屈指の2トップを擁するウルグアイと、2連覇中のチリが、このグループを牽引することになるだろう。

 ドイツワールドカップ終了後に再登板したオスカル・タバレス監督は、ウルグアイ代表を約13年指揮。昨年のロシアワールドカップに続いて、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニの南米屈指の2トップが選出されている。最強2トップに加え、中盤にはルーカス・トレイラなども擁するウルグアイは、優勝を狙える位置にいるだろう。

 3連覇を目指すチリは、中盤にアルトゥーロ・ビダルが君臨しており、出場が危ぶまれていたエース・アレクシス・サンチェスも、初戦には間に合う見込みとなっている。持ち前のハードワークに、初戦で戦う日本も苦戦することになるだろう。

 チリ、ウルグアイの2強に対し、エクアドルは勝機を掴めるか。33歳のアントニオ・バレンシアは健在。日本戦への勝利が、グループステージ突破に向けては必要になるだろう。

 22歳以下の東京五輪世代18名を選出した日本代表は、厳しい戦いを強いられることになるだろう。昨年発足した森保ジャパンで継続的に出場しているのは、冨安健洋、柴崎岳、中島翔哉のみ。久保建英ら若手選手がこの大会を飛躍の契機にできるかどうかは注目だが、グループステージ突破は難しいと言わざるを得ない。

【了】

text by 編集部