デートの別れ際に男性が落ち込んでしまうNG言動4選 締めくくり大事!/photo by ぱくたそ

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】幸せなデートの時間もあっという間に過ぎ、そろそろお別れの時。この大事な瞬間、ちょっとしたあなたの一言で男性が「はぁ…マジか…」とがっかりしてしまう可能性があります。今回は、デートの別れ際にすると男性が落ち込むNG言動をご紹介します。

【他の記事を見る】男性に聞いた「ドキッとする甘え方」ベスト5

♥デート内容にダメ出しをする


彼がデートプランを考えてくれた場合、その内容に対して色々と思うこともあるでしょう。

「楽しかった!」というものもあれば「ここはなあ…」というものもあるはず。

後者だった場合、デートの別れ際に「今日のデートはここがダメだった」といった発言をするのはNG。

ストレートに言ってしまうとお互いの空気感が悪くなってしまいます。

「楽しかった!次、私ここ行きたいな〜」というようにサッと未来の話をして、次が楽しみというのが伝わる会話をするようにしましょう。

♥「次はみんなも一緒に行きたい!」


せっかくのデート、2人きりの空間を楽しんだはずです。

それなのに別れ際、「次はみんなも一緒に行きたい!」というような“2人きりの空間”が壊れてしまうような感想を言ってしまうと、男性側も「俺と一緒にいてもそんなに楽しくなかったんだ…」となってしまいます。

もちろん、デートスポットに関する感想を言う中で「友達と来ても楽しそうかも〜」というようにサラッと伝える分には問題ないので、みんなも一緒に行きたい!というのではなくこのような伝え方をするようにしましょう。

「友達と来ても」ということをサラッと伝えることで、2人でも楽しかったことを男性に分かってもらうことができますし、あなたの「他の人も一緒にいたら楽しそう!」という思いも伝えることができるので、空気が悪くなることはないでしょう。

♥「まあ、思ったよりは楽しかったかな〜」


片思いの段階だったり、友達以上恋人未満の関係だったりすると「ちゃんとデートをするとどうなんだろう?」といった不安を抱えたりしますよね。

いざ、デートをして終わってみると「あっ、楽しかったな!」と思うこともあるはず。

その時、ついポロッと「思ったよりは楽しかったな〜…」と言ってしまったらアウトです。

少し上から目線にも聞こえますし、言われた男性側も「この子は何様のつもりなんだろう?」と疑問を抱くようになります。

余計な一言は言わず、純粋に「今日は楽しかった!」と伝えればそれだけでOK。

男性も嬉しい気持ちになって、次もまたデートに誘いたいと思ってくれるはずですよ。

♥「あ〜マジ今日疲れた…」


デートは緊張もしますし、スポットによっては動き回ることもあるでしょう。

そうなると、人によってはかなり体力を消費する…ということにもなりかねません。

デートの別れ際に、テンションだだ下がりで「あ〜マジ今日は疲れた…」と言ってしまうと「もしかして相当無理させちゃった…?」と、男性側が不安になってしまいます。

「ちょっとはしゃぎすぎて疲れちゃった!」と、ポジティブな言い方をすれば「あ、それくらい楽しんでくれたんだな」と嬉しい気持ちになります。

デートの別れ際に疲労感をポロッと出してしまいそうになる気持ちも分かりますが、男性とバイバイをした後に出す…といった“ほんの些細な気づかい”は、した方がより好印象を残すことができますよ。

デートの別れ際で男性を落ち込ませないポイントは「思ったネガティブなことをそのまま口にしない」というもの。

こうした部分は、ほんの少しの意識でボロッとこぼれてしまうのを防ぐことが可能です。

別れ際は「楽しかった!またデートしたい!」というような気持ちを伝えて、お互いが良い気分でバイバイできるようにしましょう。

そうすれば、より次にデートが楽しみになる雰囲気を作ることができますよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】