髪質別!ヘアブラシの選び方

写真拡大

今使っているそのヘアブラシ、満足できていますか?

適当に選ぶのではなく、髪質に合ったものを選べば、サラサラでツヤツヤの髪を手に入れることができますよ!

今回は、目的別にピッタリのヘアブラシ、選び方をご紹介します。

ヘアブラシにはどのような形態のものがあるの?

ヘアブラシには髪をとかすためのもの、ドライヤーでブローする時に使うもの、頭皮ケアができるものなどがあります。

ヘアブラシ

シンプルなハーフタイプの形状で、毛髪全体をとかしツヤを出してサラサラにしたい時に使います。

クッションブラシ

クッション性があるラバー部分が特徴のハーフタイプの形状です。クッション性が高いので、頭皮にやさしくマッサージも可能、ブローにも使うことができます。

スケルトンブラシ

別名ガイコツブラシ、隙間が多く目が粗いブラシです。髪が絡みやすい方や毛量が多い方などにオススメです。

デンマンブラシ

シンプルなハーフタイプで、なおかつカーブした半円形をしています。ストレートにしたい時、ボリュームを出したい時にも使えます。

ヘアブラシにはどのような素材が使われている?

ヘアブラシの素材には、獣毛や木材など天然の素材と、プラスチック製のものなどがあります。

獣毛

豚や猪の毛で、髪へのなじみが良く油分で髪にツヤが出ます。ドライヤーの熱に強く、静電気が起こりにくいのも特徴です。

木材

メープルや竹、オークなどの素材があり、静電気を起こしにくく使い込むことで油分が出るので髪にツヤを与えます。素材としては硬めですが、先端を丸くしてあるので適度なマッサージ効果もあります。

プラスチック

合成樹脂、ビニール、ナイロンなどで耐久性がありお手入れもしやすいのですが、天然素材に比べて静電気が起こりやすいです。

髪質に合った形態・素材のヘアブラシを選ぶ

ヘアブラシの形状は、髪をとかすのが目的なのかそれともスタイリングに使うのか、用途によって使い分けることが大切です。

また素材も髪質に合ったものを選ぶことで、より良いケアが可能です。

例えば毛量が多くからみやすい髪質なら木材を、細くてコシがない髪質なら豚毛を、ツヤのある髪になりたいのなら、適度な油分がツヤを与える豚毛や猪毛といった獣毛がオススメです。

また、プラスチックは安価でケアも楽ですが、静電気が気になる人なら避けるのが無難でしょう。