女医殺害 23歳の山形大生との接点なしか

写真拡大

山形県東根市のマンションで先月、女性医師が殺害された事件で、警察は12日午前、殺人の疑いで山形大学の学生の23歳の男を逮捕した。

殺人と住居侵入の疑いで逮捕されたのは、山形大学4年の加藤紘貴容疑者(23)。警察の調べによると加藤容疑者は先月19日早朝、山形県東根市のマンションの一室で、この部屋に住む眼科医・矢口智恵美さん(50)の頭部を鈍器で何度も殴打し、殺害した疑いがもたれている。

警察が防犯カメラの解析などの捜査を進めたところ、加藤容疑者が浮上した。捜査関係者によるとこれまでの捜査で、矢口さんと加藤容疑者との間に接点はなかったとみられ、警察は今後、動機などを詳しく調べることにしている。