『ポケモン ソード・シールド』ガラル図鑑に載らないポケモンは過去作から連れてくることが不可能。E3 2019で発表された新情報を13項目でひとまとめ

写真拡大

https://www.youtube.com/watch?v=TmWu-f6L0Mo

発売日や新要素となる「ダイマックス」も明らかになり、2019年11月15日が待ち遠しい『ポケットモンスター ソード・シールド』。E3 2019でも新たな情報が公開され、Treehouse Liveではワイルドエリアに関する細かい仕様などが明らかになりました。

今回は、それら情報の中から特に注目したい要素を13項目に分けてピックアップ。過去作のポケモンの扱いに関する重要な情報も発表されました。

◆ワイルドエリアは天候によって出現するポケモンが変わる
いろいろなポケモンが登場するワイルドエリアでは、天候が重要。雨が降ればみずタイプのポケモンが、雷が落ちればでんきタイプのポケモンが出やすくなるそうです。

◆ワイルドエリアは街と街をつないでいる
ワイルドエリアはどこかに隔離されているわけではなく、街と街をつなぐハブのような作りになっているようです。冒険中に何度も訪れるというわけですね。

◆ランダムエンカウントとシンボルエンカウントのハイブリット
ワイルドエリアではポケモンたちの姿が見えており、それに触れることでバトルがはじまるシンボルエンカウントが採用されています。ただし、草むらで姿の見えないポケモンに出会うランダムエンカウントもあるとのこと。

◆ポケモン入れ替えの時に技まで一気に見れる
バトル中、手持ちのポケモンを入れ替える際に技もすべて見られる便利なUIになっています。

◆口笛にポケモンが反応する
ワイルドエリアで口笛を吹くとポケモンがそれに反応します。近づいてきたり、逃げたりとその反応はポケモンによってさまざま。

◆ワイルドエリアではレベルの高いポケモンと出会えることもある
これまでの『ポケットモンスター』シリーズであれば、徐々にレベルの高いポケモンに出会えるようになるというシステムが採用されていました。本作ではワイルドエリアの奥の方へ行けば、いきなり強いポケモンに会えるそうです。ただし強すぎると捕まえられないとのこと。

◆ワイワイ通信が楽しめる
ワイルドエリアでは、画面左下にアイコンを出して仲間たちとコミュニケーションをはかる「ワイワイ通信」が用意されています。ポケモンを捕まえるとそれが表示されるほか、交換の希望なども出せるのだとか。

◆光の柱はポケモンの巣
ワイルドエリアを歩いていると光の柱があることに気づくでしょう。あれはポケモンの巣を示しており、そこにはダイマックスポケモンがいます。つまり、そこに行けばダイマックスレイドバトルが楽しめるわけですね。

◆レイドバトルで使えるポケモンは1匹
ダイマックスレイドバトルでは、4人のプレイヤーがそれぞれ1匹のポケモンを使って戦いを繰り広げます。手持ちのみならず、ボックスからも選択可能です。

◆ダイマックスポケモンは連続攻撃もしてくる
相手はダイマックス技で攻撃してきますし、時には連続攻撃をしかけてくる時もあるのだとか。特性を消す特殊な行動もあるそうです。

◆ダイマックス技はフィールドも変える
ダイマックス技によっては天候を変えるものもあるようです。じめんタイプで砂嵐に、ほのおタイプで日照りにするシーンを確認できました。

◆ふしぎなバリア
レイドバトルの相手ポケモンは、ダメージを与えると「ふしぎなバリア」を身にまとうようになります。これは文字通りバリアで、攻撃を与えることではがすことができます。ダイマックス技を使うと2ゲージ減らせるとのこと。

◆過去作ポケモンの互換は一部対応に
増田順一氏からは、過去作のポケモンに対する扱いがどのようになるかも発表されました。本作はさまざまなプラットフォームのポケモンを一箇所に集める『Pokemon Home』と連動する予定ですが、ゲーム内にすべての過去作のポケモンを連れてくることはできません。

『ポケモン ソード・シールド』につれてくることができるのは、ガラル図鑑に載っているポケモンのみ。すでにポケモンは800種類を超えており、すべて対応することが難しくなった結果の選択とのこと。