タレントのダレノガレ明美

写真拡大

 タレントのダレノガレ明美(28)が11日放送の関西テレビ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」(火曜後8・00)に出演。いまだにハリウッド女優の夢は「断念はしてない」と主張するも、渡米しない理由に共演者から痛烈なツッコミが入った。

 ダレノガレは昨年8月に放送された日本テレビ「行列のできる法律相談所」で、映画「オーシャンズ8」を鑑賞し、映画館のトイレで聞こえた「カモン、ハリウッド」の天の声に導かれて、ハリウッド女優を目指す決意をしたことを告白。その後、イベントなどで「英語が追いつかなくて…。5年か10年先になる」としつつも「あきらめてはいないです。話題づくりではなく本気」と話していたが、いまだに渡米する気配はない。

 「一度決めたのに〇〇は絶対に続かへん!」のテーマの中で、ダレノガレのハリウッド行きが扱われた。これまでの流れをまとめたVTRを「すみません。ごめんなさい」とバツが悪そうに見守ったダレノガレ。改めて状況を聞かれ、「断念はしてないですよ。行きたい気持ちはあるけど、英語が追いつけない」と主張。ハリウッド行き公表後、実は3日間だけ渡米したといい、「3日間行きました。(その時は)『ピンク ドリンク プリーズ』しかしゃべってない」とあっけらかん。周りから「顔が日本人じゃないから結構しゃべれないと厳しい」と言われたそうで、ハーフならでは悩みも告白。実は父の母国語であるポルトガル語は話せるというが、「(ポルトガルは)嫌なんですよ、遠いんで」と言い放った。

 そんなダレノガレに、お笑いコンビ「ロザン」の菅広文(42)は「やばいで。もっとむっちゃ突っ込まなあかん」とピシャリ。さらに「ハリウッドに行きたくない理由ばっかり言ってない?ポルトガル遠いから嫌って、帰ってくる気満々やん」と指摘すると、ダレノガレが「スケジュールが合わないんですよね」と“反論”。これには、菅もあきれ顔で「なんじゃそりゃ、なめんなよ、ハリウッド」と痛烈に突っ込んだ。