【得点者】なし
【警告】日本=清水(38分)、杉田(45+1分)、岩渕(85分) アルゼンチン=なし
【退場】なし
【Player of the Match】熊谷紗希(日本)

写真拡大 (全2枚)

[女子W杯グループリーグ第1戦]日本0-0アルゼンチン/6月10日/パリ
 
【チーム採点・寸評】
なでしこジャパン4.5
自陣深くに引いて守る相手から攻撃の糸口を見出せず。大会初戦のリスクを考えすぎたか、食いついてこない守備ブロックの外で、ボールを回すのみ。前半45分を浪費した。後半ペースを上げたが、時すでに遅く、後半勝負のアルゼンチンに何度か決定機も与えてしまった。
 
【なでしこジャパン|採点・寸評】
GK
1 山下杏也加 5.5
相手フォワードに至近距離まで迫られても落ち着いて対応。今日の彼女にできることはやりきった。
 
DF
22 清水梨紗 5
前半から積極的な攻撃参加。アーリークロスで変化をつけたかった。カウンターを潰してのイエローカードは減点材料。
 
4 熊谷紗希 6
山下と同様、数少ないピンチにきちんと対応。パートナーの南ら若手をしっかりケアし、ビルドアップも悪くなかった。
 
12 南 萌華 5.5
キックオフから堂々とプレー。糸を引くようなロングフィードで、何度かチャンスを作った。後半のミスが減点材料。
 
3 鮫島 彩 5.5
幾度か嫌な形でボールを奪われたが、彼女の積極的な姿勢がチーム全体にあれば、この結果は変わったようにも思える。
 
MF
7 中島依美 5(74分OUT)
左の長谷川同様、2トップをフォローに行くタイミングが見出せなかった。セットプレーも効無く、次戦に期待。
 
6 杉田妃和 4.5
ボールに触れるシーン自体が少なく、得意のミドルシュートなど、いつものプレーが出せずじまい。大会初戦は不完全燃焼。
 
17 三浦成美 5.5
味方のサポートを怠らず、動きも悪くなかった。小さなつなぎが多く、本人が振り返る通り、大きな展開に関わりたかった。
 
14 長谷川唯 5
周囲とリズムが噛み合わず、個人での仕掛けが目立った。チーム最大の決定機は、しっ
かりとモノにしてほしかった。
FW
20 横山久美 5(57分OUT)
後方支援が少なく、ボールを持っても孤立してしまい、数的不利の状況が続いた。もう少しプレー時間が欲しかった。
 
9 菅澤優衣香 5(90分OUT)
相手がブロックを作って固めるなか、期待されたポストプレーを見せられず。そもそも彼女へのハイボールも少なかった。
 
交代出場
FW
8 岩渕真奈 5(57分IN)
横山と交代出場。サイドに流れたり、ドリブルでリズムを付け、硬直化していた攻撃を変えた。しかし決勝点は奪えず。
 
FW
19 遠藤 純 4.5(74分IN)
期待されたスピードを生かした攻撃はほとんど見られず。明確なゴールに向かう姿勢が欲しかった。
 
FW
13 宝田沙織 −(90分IN)
出場時間少なく評価なし。状況的にスローインのシーンは早く入れて欲しかった。
 
監督
高倉麻子 4
諸々の風雲があったにせよ、グループ内で最も格下の相手から勝点3を奪えず。選手起用でも、今日は当たりくじを引けなかった。
 
取材・文●西森 彰(フリーライター)

お茶目でラブリーな「なでしこジャパン」の素顔が見えるFIFA公式ポートレートはこちら!