©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

6月12日(水)に放送される『徹子の部屋』に、料理番組『おかずのクッキング』でお馴染みの料理研究家・土井善晴が長女の光(ひかる)さんと登場する。

©テレビ朝日

1974年に放送がスタートした『おかずのクッキング』は、有名料理研究家・土井勝さんの次男である善晴が父の跡を継ぎ、30年以上にわたり出演。時代に合わせた料理を提案している。

そして同番組が今年4月で45周年を迎えたことを記念し、『土井善晴の素材のレシピ』が発売。

雑誌『おかずのクッキング』で10年以上続く善晴の人気連載「素材のレシピ」を1冊にまとめたもので、3月7日の初版発行からわずか3カ月で累計発行部数4万部を突破。レシピ本として異例のヒットを記録している。

©テレビ朝日

善晴の父である土井勝さんは、「おふくろの味」という言葉を広めた家庭料理研究の第一人者。そこで今回は土井家の「おふくろの味」について話を聞く。

さらに、善晴に簡単かつ絶品の「味噌汁」をスタジオで作ってもらうことに。娘の光さんにもフランス仕込みの手作りケーキを持ってきてもらい、黒柳徹子も大満足。その味とは?