岡田准一、驚異の幼少期「2歳で2駅」「3歳で補助輪なし自転車」

ざっくり言うと

  • 10日の「しゃべくり007」で、V6の岡田准一が驚きの幼少時代を語った
  • 2歳の頃、足蹴りで乗れる玩具で2駅先にある母親の友達の家まで行ったそう
  • また、「自転車の補助なしには3歳で乗っていた」とも明かした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング