両チーム最多タイの3本のシュートを放った南野。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ]日本2-0エルサルバドル/6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城
 
 日本代表はエルサルバドル代表と対戦し、永井謙佑の代表初ゴールを含む2発で2−0の勝利を収めた。
 
「なかなかいい形でボールが(自分に)入らずもどかしい時間帯はあった。そういう時間を我慢してチャンスの時に仕事をすることを意識してました。それはできた部分と少し足りない部分がある」
 
 そう試合を評したのは南野拓実だ。
 
 6月5日のトリニダード・トバゴ戦で71分からの出場となった南野は、この日のエルサルバド戦ではシャドーの一角で先発出場。チームは勝利したとはいえ、「フィニッシュの部分で絡めなかった」と振り返り、「ゴールに向かってプレーしたい」と悔しさを滲ませた。
 
 ただ南野のプレーは悪かったわけではない。「慣れないフォーメーション(3−4−2−1)」だっただけで「良い形はいくつか作れた」と自信も同時に口にした。
 

 その慣れないフォーメーションのなかで「良い形」のひとつが左ウイングバックの原口元気との連係だろう。
 
 南野はその原口のことを「ボールを持てるし、縦に仕掛けられる」と信用しており、「助けられるポジションを心掛けて、お互いの動きを意識していた」という。もっとも連係には向上の余地があり、3−4−2−1システムの慣れという部分はまだまだこれからだ。
 
 慣れない布陣とメンバーで探り探りの部分があり、不安もあっかもしれない。ただ、勝利という結果が何よりの自信になるはず。
 
 また両チーム最多タイの3本のシュートを放った南野にゴールこそ生まれなかったものの、「2−0で勝てたことが収穫」と冷静なコメントを残した。久保建英(18歳)や堂安律(20歳)、冨安健洋(20歳)など南野(24歳)より年下の選手が多いことも影響はあるのだろうか。
 
 もはや中堅という言葉がそのコメントから漂う。もう若手の域ではない。自分の結果はもちろん大事だが、それ以上にチームの結果を喜ぶアタッカーの今後の活躍に期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部