エルサルバドル戦でも3-4-2-1をテスト。永井の2ゴールで勝利した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[キリンチャレンジカップ2019]日本 2-0 エルサルバドル/6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城
 
 FIFAランキング71位のエルサルバドルが相手だったという注意書きは必要だろう(日本はFIFAランキング26位)。
 
 それでも日本にとって、良いテストマッチになったと言えるのではないか。
 
 トリニダード・トバゴ戦から4日、森保一監督は、2試合続けて3-4-2-1を採用(後半途中からは4-4-2に変更)。GKはシュミット・ダニエル、3バックは左から畠中槙之輔、昌子源、冨安健洋と後方の顔ぶれは変えず。一方、ボランチは橋本拳人と小林祐希のコンビに入れ替え、前線の3枚はシャドーの堂安律は残しつつ、その相棒に南野拓実、CFに永井謙佑を据えた。
 
 そしてこの試合でひとつのポイントになったのが、ウイングバックの人選で、トリニダード・トバゴ戦では右に室屋成、左に長友佑都というバランスの取れる“SBタイプ”のふたりを置いたが、エルサルバドル戦では右に伊東純也、左に原口元気という攻撃に特色のある“ウイングタイプ”のふたりを起用したのだ。
 
 日本は序盤から主導権を握ったが、その要因には前線からのプレスがハマった点が挙げられる。
 
 ボランチの小林は「相手の1ボランチの選手(エルサルバドルは4-1-4-1のシステム)を僕か(ボランチの相棒の橋本)拳人が潰しに行く。そして僕らの後方の選手は3バックの誰かがハメにいく動きは昨日から確認していましたし、だいぶできました。全員が連動してプレスをかけられましたし、最前線の(永井)謙佑くんが守備に行けば、後ろの選手もしっかりついていって上手くハメることができました」と説明。
 
 後方からつないでくるエルサルバドルに対して日本は、前線から追い込みながら中盤でパスカットし、リズムを作っていく。良い守備が良い攻撃につながっていたのだ。
 
 そしてトリニダード・トバゴ戦では、前線の3枚(CF+2シャドー)に、ウイングバックやボランチ、ストッパーが絡む攻撃をなかなか示せなかったが、この日は両ワイドに伊東と原口を配置したことで、厚みのあるアタックを見せた。
 
 例えば5分には永井が前線からプレスをかけて、右サイドで伊東がパスカットすると、そのまま相手エリア内をドリブルで突破。折り返しを逆サイドの原口がシュートを放ったように、両ウイングバックが高い位置まで攻め込んで、フィニッシュへ持ち込んだ。
 
 また先制ゴールは、3バックの右を務めた冨安からのスルーパスを、相手エリア内で受けた永井がDFふたりを切り返しで抜いて決めた形。
 
 さらに26分には小林の縦パスを相手ゴール前で原口がワンタッチで南野へつないで最後は堂安がゴールに向かい、34分には橋本の縦パスを南野がワンタッチで永井へつないで惜しいシュートチャンスを迎えるなど、良いコンビネーションでエルサルバドル守備陣を困惑させた。
 
 41分の追加点は3バックの左・畠中の縦パスに原口が走り込み、そのクロスに永井が合わせて決めたもの。各ポジションの選手の動きが噛み合った見事な崩しだった。
 
 もっとも、浦和時代にペトロヴィッチ監督の下で3-4-2-1を経験してきた原口は「守備に関してはハマったと思います。ただ、もっとこうしたほうが裏を綺麗に取れるとか、(シャドーの南野)拓実と(堂安)律がもっとこうすれば綺麗に受けられると感じたシーンはいくつかありました」と、攻撃面の課題を指摘。
 
 南野も「監督は僕にFWに近い位置でプレーしてもらいたかったはずですし、自分もそうプレーしたいと考えていました」と話すが、「なかなかボールが入らず、もどかしい時間帯もありました」と振り返り、後方にボールを受けに下がってしまうシーンも見られた。このあたりのシャドーにボールを入れる方法は、今後、改善していく必要があるのだろう。
 
 
 ただし冒頭で記した通り、3-4-2-1というオプションを2試合連続で実戦で試し、相互理解を深められたのは大きい。
 
 冨安も「3(バック)を長い時間、実戦でやることができたのは今後につながると思います」と強調。「ただ3(バック)でも4(バック)でもベースは変わらないですし、監督も言っていますが、“戦う”ところは意識しなくてはいけない。そこを共有しつつ、それぞれのシステムの良いところを伸ばしたいです」と口にする。
 
 
 またこれまでCFはポストプレーに長けた大迫勇也の一択に近い状況だったが、2ゴールを挙げたスピードに長けた永井という選択肢が生まれたことで、戦い方の幅も広がるはずだ。
 
 さらに言えば、代表デビュー戦となった久保建英が、物怖じせずに堂々のパフォーマンスを示した点も収穫で、この俊英は今後、攻撃陣のカンフル剤として期待できるだろう。
 
 新戦力の起用に目途が立ち、新システムの機能性もひとつ高められた。エルサルバドル戦は、有意義な強化の場として捉えられるはずだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)