伊東はエルサルバドル戦で先発出場。持ち前の切れ味鋭いドリブルで度々チャンスを演出した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[キリンチャレンジカップ]日本2-0エルサルバドル/6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城「ロシア・ワールドカップ、選ばれる自信はあるか」 2018年4月、伊東純也は物憂げそうにこう答えた。「もちろん出たいですけど、正直、厳しいと思います」  ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から西野朗監督に代わり、日本代表チームは大きく揺れていた時期だ。新指揮官が誰をメンバーに選ぶのかは分からなかったが、伊東が当落線上にあり、どちらかと言えば落選濃厚の空気が漂っていたのは確かだった。 当時柏レイソルに所属していた伊東は、国内組だけで参加した前年12月のE−1選手権で代表デビューを飾ったものの、海外組を含めたメンバーには一度も入ったことがなかったからだ。結果は既知の通り。 しかし、そんな発言から1年余りで、いまや、すっかり日本代表のユニホームが似合う男になった。 ロシア・ワールドカップ後の18年7月、森保一体制が発足すると、初陣となった9月のキリンチャレンジカップからコンスタントに呼ばれている(今年3月のコロンビア戦とボリビア戦を除いて、招集され続けている)。  今年の2月には、ベルギーのヘンクに移籍を果たすと、瞬く間にレギュラーの座を勝ち取り、国内リーグ優勝に貢献。まさに飛躍的なステップアップを遂げ、人間としても選手としても逞しさを増している。 


 そんな著しい進歩は、エルサルバドル戦でのプレー面からも見て取れる。JリーグのDFをきりきり舞いさせた快足を活かしたドリブルは、より切れ味を増し、また力強くもなった印象だ。  右ウイングバックで先発した伊東は、立ち上がりからフルスロットルで右サイドを駆け上がり、度々チャンスを演出。6分には相手陣内でボールをかっさらうと、そのままペナルティエリアに侵入し、鋭いクロスで原口元気のシュートをお膳立てした(原口のシュートは惜しくも枠の上に外れたが)。  伊東自身はそのシーンを振り返り、「ちょっと焦ってしまったというか、仲間を使うことしか考えていなかったので、シュートの意識があればもっと良かったかなと思う」と反省したものの、DFふたりを置き去りにしたドリブルは見応えがあった。 


 さらに、とりわけ成長を感じたのは、32分のプレー。背後から相手に寄せられてもまったく動じずに、ボールを再び懐に収め、何事もなかったかのように味方へとつなげたシーンだ。  Jリーグでプレーしていた時から、相手にぶつかられてもほとんど奪われることはなかったが、身体の線が細く、やはり多少はグラついていたものだ。それが、ベルギーに渡り、常日頃から屈強なDFと対峙しているからだろうか、余裕すら感じさせた。  試合後にそのプレーについて、伊東自身は「(成長は)あまり感じていなかったです。とりあえずボールを失わないようにということだけ考えていました」と語ったが、相手のタックルを無効化してしまう足腰の強さには、明らかな変化が見られた。  また、この日はサッカーキャリアで初めて任されたウイングバックにも意欲的に取り組んだ。「いろんなポジションができるのは強みになると思うので、与えられたポジションで頑張ろうと思います」という言葉には、プレーの幅を広げようという気概をうかがわせる。 


 それだけではない。当然自慢のドリブルにもまだまだ磨きをかけるつもりだ。試合後には「仕掛ける場面では積極的にいこうと思ってましたけど、もう少しできたと思う。全部抜くくらいの気持ちでやりたい」と語気を強める。  26歳となり、もはや若手とは呼べなくなったが、伊東の成長はとどまることを知らない。ビッグクラブでプレーするという夢もあるし、コメントを聞けば聞くほど、飽くなき向上心が読み取れる。  まだまだ伸び盛りのスピードスターは今後、日本代表に欠かせない選手になるかもしれない。これから始まる予選を勝ち抜き、2022年のカタール・ワールドカップを前にした時に、再び伊東に訊いてみたい。 「カタール・ワールドカップ、選ばれる自信はあるか」と。 取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)