エルサルバドル戦は攻守が噛み合い、2-0の完封勝利を収めた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2019]日本×エルサルバドル/6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城

 先発に抜擢された永井謙佑の代表初ゴールを含む2得点、待望の代表デビューを飾った久保建英のハイパフォーマンスなど、2-0で勝利したエルサルバドル戦は攻撃面のトピックが話題をさらった。一方で、0-0のスコアレスドローに終わった前回のトリニダード・トバゴ戦に続き、クリーンシートを達成。相手との力量の差はあったかもしれないが、それでもきっちりと「ゼロ」に抑えたことは評価したい。

 この日も3バックの中央に入って守備をオーガナイズした昌子源が、エルサルバドル戦の守備について次のように振り返る。

「守備は前半からハマっていた。(1トップの)謙ちゃん(永井)が行って、(シャドーの堂安)律が行って、(ウイングバックの伊東)純也が行って(ストッパーの)トミ(冨安健洋)が行ってと、すごく繋がっていた。守備のバランスが非常に良かった」

 昌子が言うとおり、前線から連動した守備で相手の攻撃を手詰まりにさせる。「高い位置から奪って、そのまま純也が良いプレーをしてくれたり」(昌子)と、息の合った組織的かつアグレッシブな守備は、攻撃面でもポジティブな影響をもたらした。

 トリニダード・トバゴ戦同様、この日もスタートは3-4-2-1を採用。後半の途中から4-4-2に変更したが、昌子を軸とした4枚の最終ラインは柔軟に対応し、ゴールを守り抜いた。ふたつのシステムを併用しての完封劇。今回の6月シリーズで、森保ジャパンの戦いの幅は確実に広がった。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】エルサルバドル戦を彩った「美女サポーター」たち