エルサルバドル戦でA代表デビューを飾った久保建英。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ]日本代表2―0エルサルバドル代表/2019年6月9日/ひとめぼれスタジアム宮城

 大きな注目を浴びていた久保建英が、エルサルバドル戦で18歳と5日という日本代表史上2番目の早さでA代表デビューを飾った。

 FC東京での活躍を受けてA代表に初招集された天才レフティーだが、4日前のトリニダード・トバゴ戦では無念のベンチ外。森保一監督は「メディアとサポーターのみなさんの期待はヒシヒシと感じています。ただ、まだ18歳になったばかりですし、今季は(FC東京で)チームを牽引するほど試合に出続け、さらにここにきて移籍報道と、色んなプレッシャーがかかっている。だから少し緊張を緩めてあげたい」とその理由を説明していた。

 しかし、このエルサルバドル戦ではベンチ入りし、南野拓実に代わって66分に途中出場。トップ下の位置で待望の初キャップを刻んだ。ピッチに送り出す時の指示に関しては、森保監督が試合後の会見でこう明かした。

「ピッチに送り出す時は、まずポジションのことを言いました。トップ下だよと。攻撃で起点になること、2−0とリードしていたので、前線から守備の部分も頑張ってほしいと伝えました」
 
 こうしてピッチに立った久保は、随所で持ち前のテクニックと創造性、そして判断力の良さを見せて攻撃を活性化。森保監督も高く評価した。

「思い切ってプレーしてほしいと思っていましたが、実際に伸び伸びと自分の特長を活かしてプレーしてくれた。周りの選手たちと試合で一緒にプレーするのは初めてだったが、連携もスムーズだった。彼が持っている技術や賢さを出してくれたと思う」

 6月14日に開幕するコパ・アメリカ2019でも招集メンバー入りしている久保。ブラジルの地では、南米の強豪を相手にどんなプレーを見せるのか。興味は尽きない。

【PHOTO】エルサルバドル戦を彩った「美女サポーター」たち

取材・文:白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)