日本代表初得点を記録した永井謙佑「トミがいいパスをくれたので…」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2019が9日に行われ、日本代表はエルサルバドル代表と対戦し、2−0で完封勝利を収めた。

 FW永井謙佑は19分にスピードを活かして裏に抜けると、相手DFを2人交わしてシュートを流し込んだ。これは日本代表の記念すべき“令和第1号ゴール”となった。また、41分にもゴールを記録し、日本代表の勝利に貢献した。

 試合後、インタビューに応じた永井は代表初得点となった1点目について、「嬉しかったです。トミ(冨安健洋)がいいパスをくれたので、決められて良かったです」と語った。

 2点目については「元気(原口元気)が頑張ってくれたんで、ニアを撃ち抜くことができて良かったです」とコメントし、「FWとしてゴールが求められるので、得点できて良かったです」と試合を振り返った。