森保監督は2発完封勝利に確かな手応え「仕留めることができた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2019が9日に行われ、日本代表はエルサルバドル代表と対戦。FW永井謙佑が19分に日本代表の記念すべき“令和第1号ゴール”を記録すると、41分にも再びネットを揺らし、2−0で完封勝利を収めた。

 試合後、インタビューに応じた森保一監督は3バックの“進化”について、「1試合目よりも2試合目はチームとしてもいい形を出せたと思っています。1試合目でもチャンスをつくることはできていましたが、今日は仕留めることができた。結果に結びつけることができたのは、選手にとってもチームにとっても自信になったと思います」と手応えを語った。

 また、「ビルドアップして前線の攻撃に繋げていく部分は選手たちがよくチャレンジしてくれた」と評価し、代表デビューを飾った18歳のMF久保建英については「いいプレーをしてくれた」とコメントした。