令和初ゴールを決めてガッツポーズの永井。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 キリンチャレンジカップの日本代表対エルサルバドルの一戦は6月9日、ひとめぼれスタジアム宮城で19時にキックオフされた。

 トリニダード・トバゴ戦に続き3-4-2-1システムでスタートした日本は、FW永井謙佑、MF橋本拳人のFC東京勢がスタメン入り。Jリーガーでは畠中槙之輔(横浜)、シュミット・ダニエル(仙台)もトリニダード・トバゴ戦に続き、先発起用された。また、前戦ではベンチ外となった久保建英(FC東京)もベンチ入りした。

 見守るファンはやはり久保への期待度が高い。そのほか、永井や原口などへの期待の声も大きい。FIFAランキング71位の相手に対して、どのように攻め入るかも注目されている。

「久保くんの出番はあるのかな?活躍を見てみたいですね」
「前回のモヤッと残った気持ちを吹き飛ばすゴール待ってるー!」
「堂安がファーストシュート」
「フィニッシュが。枠に飛ばそうよ」
「超高速の伊東純也から超高速の永井謙佑への超高速クロスとかワクワクすっぞ」
「大迫ではできないパターンきた!代表の選択肢が増えたぞー!! 」
「令和初得点が永井になるとは!」
「先制できて久保くん使いやすい展開になったね」
「そういえば、大迫と違うタイプのFWを上手く使って得点出来たのが凄い久しぶりに感じる」
「富安からのボールの供給が良いんだよなぁ」
「ドロップボールの新ルール初めてみた」
「レフリーに当たって相手ボールになったから日本ボールのドロップからリスタートってことなのね 」
「やっぱ調子のいいチームのフォワードはちゃうなー。永井」
「また永井決めたー!! 2ゴール目。乗ってるなーハットトリックいける」

 前半を2-0で折り返した森保ジャパン。後半、ファンの期待する久保のA代表デビューはあるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】エルサルバドル戦を彩った「美女サポーター」たち