仙台育英vs東日本国際大昌平

写真拡大

仙台育英が圧巻の5回コールド!投打で圧倒!入江(仙台育英)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今年の東北地区で最もタレントを揃えた仙台育英。圧巻の強さを見せた試合となった。まず相手の東日本国際大昌平は福島王者である。

 東日本国際大昌平の先発は村上 椋音(りおん・3年・右投げ右打ち・180センチ78キロ)。恵まれた体格から投げ込むストレートは常時135キロ〜140キロを投げ込んでおり、威力ある速球が光る。しかし仙台育英打線はあっさりと捉える。1番・水岡 蓮(3年)がいきなり右前安打を放ち、2番・中里 光貴(3年)も三塁内野安打。そして3番・入江大樹(2年)は「まずつなぐことを意識しました」とボールを逆らわず、右前安打を放ち、1点を先制。さらに4番・小濃 塁(3年)は「相手の村上投手はストレートが速いので、力負けしない」と心がけた打席ではストレートを強振し、ライト超えの適時三塁打で3点目。さらに5番・大栄 陽斗(3年)もライトへ二塁打を放ち、4点目を入れる。

 2回表になっても打線の勢いは止まらない。2回表には四球と1番水岡の二塁打で二、三塁のチャンスを作り、2番中里が右前安打を放ち、2点を追加。さらに4番小濃も右前適時打を放ち、7点目を入れる。小濃は「相手投手はストレートがいいので、しっかりと振り負けしない打撃を心がけていました」と語るように、スイングが強い。手元までボールを呼び込む打撃スタイルを心がける小濃は「ポイントが近くなっても力負けして、たとえ詰まらされても、外野の間を抜くことをイメージしています」 自分のスタイルを貫くことで、2試合で7打数5安打と結果を残している。仙台育英打線はその後、千葉 蓮(3年)の適時打で8点目を入れ、4回表には入江が場外へ消える2ラン。堺ビッグボーイズから鳴り物入りで入学した184センチの大型スラッガーはこれが高校通算5本塁打目。この冬、下半身の回転で振ることにこだわった結果、課題としていた内角への対応力も広がり、本塁打を打ったコースも内角。「これまで課題としていたコースだったので、打てて良かったと思います」 メカニズムを見てまだ5本塁打なのが信じられないほど素晴らしいポテンシャルを持ったスラッガー。これから本塁打を量産する可能性は持っているだろう。

伊藤樹(仙台育英)

 また仙台育英は投手陣も強力。先発マウンドに登ったのは伊藤 樹。秀光中等教育時代は最速144キロのストレートを投げ込んでいた投手である。フォームは始動からフィニッシュまで連動性のある投球フォームで、常時135キロ前後(最速136キロ)のストレートは回転数の高さを感じさせるストレート。ストレート以上に驚かされたのが変化球の精度、球種の多さだ。130キロ前後のスプリット、120キロ前半のスライダー、120キロ前後のチェンジアップ、110キロ前後のカーブの4球種。日頃のキャッチボールから変化球を握りながら、作り上げていると話す伊藤。野球に対する考え、投球に対する考えを聞くと、大人びている印象を受ける。初回に1点を失ったものの、速球、変化球を器用に投げ分け、3回1失点。伊藤は「ストレートが高めに浮いているのもありましたが、うまく変化球を投げることができた」と東北大会初登板を振り返った。

 高校に入学して、自分のストレートは高校では平均レベルだと痛感し、今まででは打ち取れたストレートも高校では高めに入るとしっかりと捉えられ、大量失点することもあった。そういう経験を経ての東北大会のマウンドでは自分の持ち味を発揮できていた。140キロを超える投手はいても、これほど完成度が高く、速球投手へ育つ可能性を秘めた右腕もなかなかいない。高校3年間でどんな進化をたどるのか、楽しみな投手だ。

 また仙台育英は3番手の菅原 天斗(2年)。ダイナミックな投球フォームから最速140キロを2球計測。まだ荒削りなところがあるものの、ポテンシャルは素晴らしいものがある。

 試合は仙台育英が5回コールド勝ちを収め、準決勝進出を決めた。仙台育英は初戦に続き、二桁得点。打っている投手はそれなりのレベルで、そういう投手を見事に攻略しているように、個々の選手の能力が高く、試合レポートだけでは紹介しきれないぐらい、今年の仙台育英はタレント揃い。別の機会で紹介できればと思う。

 敗れた東日本国際大昌平。試合後もベンチ内で長いミーティング。1人1人の選手の能力を見ると悪くないだけに、どんな相手でも最低限の戦いができるか。この夏の福島も学法福島、聖光学院、日大東北と実力校揃いだけに、改めて課題を見つめ直す試合展開だったのではないだろうか。

(取材・写真=河嶋 宗一)