弘前学院聖愛vs東北学院

写真拡大

両チームの持ち味が出た接戦!成田のサヨナラ打で弘前学院聖愛がベスト4!櫻庭(弘前学院聖愛)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 花巻東を破った東北学院。実際に見てみると、非常に野手の能力が高いチームであることが分かる。俊敏な動きと強肩を見せる遊撃手・小林 玲大、外野手は全員が強肩。東北大会ベスト8入りしたのが伺える。

 弘前学院聖愛も日大山形に5回コールド勝ちを収め、圧倒した実力校。選手の個々のポテンシャルを見ると、全国レベルなのが伺える。

 弘前学院聖愛の先発・成田 京平(3年・右投げ右打ち・175センチ78キロ)。投手・内外野を守れる万能型の選手で、この春から投手メインとなり、最速142キロを誇る投手だ。テークバックの動きを見るとほとんどバックスイングが小さく、投手らしい大きなバックスイングがない。成田によると、自然と今の投げ方になったようだ。野手投げと感じる方もいるだろう。それでも常時133キロ〜140キロを叩き出すポテンシャルの高さが素晴らしい。120キロ中盤のスライダー、120キロ中盤のスプリット気味の変化球を投げ分け、打たせて取る投球。東北学院は2回表、6番・大和田 匠人(2年)の左中間を破る三塁打でチャンスを作り、その後、内野ゴロで1点を先制する。

 2回裏、弘前学院聖愛は、5番櫻庭 脩永(3年)がセンターへ本塁打。これで高校通算25本塁打。一見、軽く振ったように見えるが、打球がよく伸びた。体の使い方を見ても無駄がなく、バランスの良いスイングで捉えることができる。櫻庭は「今までは無駄な力が入っていたのですが、今は軽く振ることを意識しています。そうするとこすった当たりでも伸びる打球が増えました」 軽く振っても飛ばすことができるのは冬場のトレーニングのおかげ。櫻庭はチーム一のパワーを誇り、ベンチプレスでは100キロを軽々持ち上げ、回数をこなすようだ。強靭なパワーに使え、力みなく使える打撃技術を覚えた結果、強振しなくても飛ばすことができるのだ。

 櫻庭はレフトからの返球を見てもダイレクト返球もあり、強肩巧打の外野手として見逃せない。その後、内野ゴロの間に1点を入れて、弘前学院聖愛が勝ち越す。

 しかし3回表、東北学院は4番・朝倉 優大(3年・右投げ左打ち・177センチ85キロ)が左中間へ飛び込む同点本塁打。朝倉は分厚い太ももを生かし、インステップ気味に踏み込んで弧を描いたスイング軌道で飛ばすスラッガータイプ。スローイングタイムは2.00秒前後だが、もう少しベース上で伸びたスローイングを見せてほしい選手だ。

 4回表に敵失で東北学院が勝ち越しに成功したが、5回裏、弘前学院聖愛は3番・古舘 智礼(こだて・とものり・2年・右投げ左打ち・173センチ68キロ)が左前適時打を放ち、同点に追いつく。古舘は、攻守でバランスが取れた二塁手。レベルスイングでしっかりと捉えることができるスイングを見せる。楽しみな二塁手だ。

遊撃・小林玲大(東北学院)

 弘前学院聖愛は2番手に下山 祐輝(3年・左投げ左打ち・184センチ78キロ)を投入。下山は184センチの長身左腕で、リーチの長さを生かした左腕。長い腕で、打者よりでボールを離すことができるので、ストレートの球速は常時130キロ前半なものの、手元できれる球質で思わず差し込まれるものがある。変化球は120キロ近いスライダーを低めに集めて投球を展開。着々と0を積み重ねる。

 東北学院は井上 聖南(3年)が力投。ストレートは常時120キロ後半のストレートを丹念に投げ分ける技巧派右腕で、突出した球威がない井上をバックの守備がもり立てる。特にショートの小林玲の守備が出色していた。一歩目に対する反応が非常に速く、常にシングルハンドで捕球する。小林玲曰く自然とそのスタイルとなった。また捕球で意識するのは最後まで目を切らないこと。そのため複雑なバウンドに合わせることができる。また、持ち替えが早く、特に前方への打球に対しての処理スピードが速く、さらに肩も強く。三遊間の打球に対してもダイレクトスローでアウトにできる。送球時で意識するのは体の反転。「肩の力だけでは、どうにもできないところがありますので、僕は送球時に意識しているのは、捕球時に体を反転させて投げること。うまく体のバネを使って投げることができるので、送球ができます」 やはり高校生でハイレベルな活躍を見せるショートストップは、体の使い方も言語化できる。

 試合は3対3のままで迎えた9回裏、一死満塁で打者は成田。「内野の間を抜くことを意識した」と捉えた打球は前進守備の一、二塁間を抜ける右前適時打となり、サヨナラ勝ち。弘前学院聖愛がベスト4へ進出した。

 お互いの持ち味が出た好ゲームとなった。

(取材・写真=河嶋 宗一)