将棋は人間同士の戦いだ。

【イラスト】人気漫画『将棋めし』の作者が描いた永瀬七段と菅井七段

 AIは食事は摂らない。電力がエネルギーだからだ。AIは負けても悔しがらない。それはデータの一部だからだ。だが人間同士ではそうならない。食事の選択1つで体調は変化するし、時には食事の注文で張り合ったりする。負ければ泣くほど悔しいし、感想戦で新しいタイトルホルダーの玉将を自分の王将と取り換えもする。傍から見ている分には「なにやってんだこいつら」と笑ってしまうような選択も、感情による暴走も、それらはすべて立派な勝負である。そこに価値を見出されているからこそ、将棋はこれまで長く多くの人に愛されてきたのだ。それを、電王戦から続いてきた叡王戦で強く感じたのは、はたして偶然なのだろうか。

ファンの「もっと知りたい」という欲求から

 叡王戦が公式タイトル戦へ昇格したのは2017年。ほかの棋戦に比べるとまだまだ若い。その若さに相応しく、若手の棋士が活躍しているのが特徴の1つだ。そしてネット中継を通じた観戦者の感性もまた若い。

 棋士の袴、眼鏡、仕草やため息、そういった盤外に思いを馳せ、局面に照らし合わせ、様々に共感し一喜一憂する。そして「もっと知りたい」という欲求から、すこしずつ将棋を覚えてきた人も少なくないだろう。


叡王戦の前身だった電王戦にて、将棋ソフトPonanzaと対局する佐藤天彦名人(当時) ©文藝春秋

 先日行われた第4期叡王戦では、盤上、盤外にさまざまにドラマがあった。そこでもやはり大注目だったのが「将棋めし」の情報であった。

 将棋めしについては前回の記事に詳しく書いた。今回はその将棋めしの観点から叡王戦を、挑戦者決定戦三番勝負から振り返ってみようと思う。なお、棋士の段位、称号については当時のものである。

なんともファン思いなしくみだ

 対局は永瀬拓矢七段と菅井竜也七段という、1992年生まれ同士、そして東西の居飛車党と振り飛車党の対決となった。

 挑戦者決定戦での持ち時間は各3時間と短い。通常、持ち時間の短い棋戦では昼休憩はあっても夕休憩はない。そこで対局開始時間を15時にずらすことで、学校や仕事、家事などひと段落したファン達が集まる夕食時に食事注文の報道やもっとも盛り上がる終盤の中継がされるようになっている。なんともファン思いなしくみだ。

 しかし、少し問題がある。この二人、食事の注文にほとんど変化がないのである。永瀬七段は一度「これ!」と決めたら突き進む、加藤一二三九段を彷彿とさせる食事注文が特徴であり、最近はみろく庵の「ミックス雑炊納豆追加」ばかりである。また菅井七段もおそらく店の定休日や持ち時間に合わせて変化はあるものの、胡麻みそラーメンや天とじ丼の採用率が圧倒的であった。そんな中から将棋めし的なテーマを見つけることはできるのか?

平常心で対局に向かう姿勢をうかがわせる

 第1局目は、大阪は福島にある「関西将棋会館」で行われた。

 戦型は永瀬居飛車/菅井振り飛車の対抗型相穴熊。持久戦は必至の展開である。

 永瀬七段は関西での対局はそこまで多くなく、試行回数の少なさからここで食事注文に新手が出る可能性があった。しかし、注文したのはレストランイレブンの「ポークステーキ150g」のセットと、いつものバナナとスポーツドリンク。対局時間によってグラム数に変化はあるものの、この注文の採用率は高く、平常心で対局に向かう姿勢をうかがわせる。

 一方、菅井七段は同じくイレブンの「若鶏のしょうが揚げ単品」であった。肉の種類に違いはあれど「しょうが」が付く注文は本戦2回戦以降から続いていて、彼の叡王戦での勝負めしとなっているのが見て取れる。

 しかし、ここで意外な参戦者が現れた。フィナンシェである。永瀬七段は盤側に置かれていた黒い鞄からおもむろにフィナンシェを取り出し、ばくばくと食べはじめたのである。

 これには視聴者もびっくりだっただろう。なにせ秒読みが入ろうとおかまいなく食べ続けていたのだ。生放送では「菅井七段は今ダイエット中」というリークがなされていた。それを知っての盤外戦術なのだろうか?

 しかし、必死になって食べ始めた頃、圧倒的優勢だったはずの永瀬七段の評価値が急激に下がっていた。永瀬優勢ではあるものの、逆転を許しかねない数値だ。もう悪手を指すわけにはいかない。その気合が糖分摂取として現れるという棋士は稀有な存在だろう。

 対局結果は190手にも及ぶ激闘の末、永瀬七段の勝利となった。

 のちのインタビューで「フィナンシェは食べたくて食べているのではない」「理性で食べていた」と答えていた。この終盤を制した一因は、カロリーの差と見るべきなのだろうか。

予測される長手数戦ではどちらのほうが持つか

 そして8日後の第2局。東京千駄ヶ谷の将棋会館での対局である。

 この日の注文は、永瀬七段が「ミックス雑炊納豆追加」、菅井七段が紫金飯店の「豚肉のしょうが焼き単品」とどちらも定番の注文。定跡注文とはいえ、どちらもやや少なめに感じる注文だ。永瀬七段は手持ちにバナナ等サイドメニューがあるとはいえ、短い持ち時間と予測される長手数戦ではどちらのほうが持つか。

劣勢を認識すると、糖分を摂取して脳にガソリンを注ぐ?

 ……永瀬七段、盤前ですごい勢いでおやつを食べている。しかも前局よりもかなり早い時間からである。鞄から際限なく取り出されるおやつ。持ち時間を使い切り秒読みになった頃にはドーナッツまで登場した。どうしたの? 永瀬先生そんなに大食漢キャラだった?

 永瀬七段は、それこそバナナに注目が集まる以前はあまり大食いのイメージがなかった。上にぎりさび抜き、ミックス雑炊納豆追加など注文にこだわりを求め、スポーツドリンクやバナナなどのサイドメニューで積極的に糖分を摂っていく求道者タイプだと思われていた。しかし、永瀬七段がとんでもない健啖家だという事実は、後々しっかりと定着していくことになる。

 結果は188手というまたしても長手数で菅井七段の勝利となった。

 この日の対局は、終盤危なげな状況になったものの、中盤以降は菅井七段が優勢であった。もしかしたら永瀬七段は劣勢を認識すると、糖分を摂取して脳にガソリンを注いでいく傾向があるのかもしれない。

 しかし本局の決め手は肉だったか? 納豆も同じたんぱく質ではあるし、おやつも豊富だったが、やはり腹持ちやエネルギーの高さから肉のほうが粘り合いには有効なのかもしれない。

 これで挑戦者決定戦は1-1のタイになった。泣いても笑っても次で運命が決まる。

菅井七段はロールケーキを一気に平らげた

 第3局は同じく東京将棋会館、開始時間は15時から。振り駒の結果、菅井七段の先手となり、戦いを先導する立場となった。戦型は第1局と同じく対抗型相穴熊。持久戦である。しかし、同じ戦法だからといって同じ棋譜にならないのが将棋である。将棋の研究は日々進化し続けている。一度経験した相手、戦型ならその深さは尚更であろう。

 スポンサーから提供されたロールケーキを食べるタイミングはどうだ。先に手を付けたのは永瀬七段だが、少しずつ食べている。バナナ等も控えているから急いで食べずとも問題がないか? 菅井七段は一気に平らげた。急速に糖分を欲するほど難しい局面なのだろうか。

 運命を決める対局を支える注文は、菅井七段が第2局と同じく「豚肉のしょうが焼き単品」。直前のインタビューで「自分の力を発揮できることが理想」を語っていた。「いつも通りに指せれば問題ない」という意識の表れだろうか。

 それに対し永瀬七段の注文は十八番「ミックス雑炊納豆追加」に、なんと「から揚げ3つ」を追加していた。

 やはり第2局での食事量の少なさを実感したか。永瀬七段はインタビューで「立て続けに3局ということでお互いのことがわかってきたのかなという印象」と語っていた。この対局の展開を予測したうえで、あえてのから揚げ3つ追加なのか。それとも、第1局での菅井七段の注文を意識し、「オマエを食ってやるぞ」という気合の表れなのか――。普段ほとんど食事注文に変化をつけない永瀬七段が選択した「から揚げ3つ追加」は、果たしてどう対局に影響が出るか?

プロの将棋の強さは紙一重といわれるが……

 結果は158手と、前2局よりは少なくなったものの激戦を感じさせる手数で、永瀬七段の勝利となった。

 局後の感想では「終始うまく指されているような将棋だった」、「全体を通してとても大変な将棋だった」と振り返った。プロの将棋の強さは紙一重といわれる。トップ棋士であればあるほど、その差はどんどん縮まっていく。この将棋を制したのはやはりカロリーだったのか、食事にまで現れた気合だったのか。その紙一重を超える要素が、もしかしたら食事にあるのかもしれない。

「どちらが勝ち上がっても食ってやる」

 この二人の対局を強く意識していた棋士がいた。タイトル保持者の高見泰地叡王である。

 高見叡王はもともと棋士の食事注文に造詣が深く、その情報量と注文バリエーションでファンを喜ばせていた。

 3月末にみろく庵閉店を目前にした最後の対局注文で、昼に「肉豆腐定食」と「からあげ3つ」、夜に「豚キムチうどん」「じょい豆腐」を注文した。このときは、それぞれ将棋界で話題になった代表的メニューで固めるという、なんともファン泣かせな注文をしたことでも話題になった。

 そんな高見叡王がこの挑戦者決定戦第1局の翌日、千田翔太七段との対局でみろく庵の「ミックス雑炊納豆追加」と「肉生姜焼」を注文した。

 これは面白い。永瀬七段と菅井七段の最近の通常メニューを一気に2つとも食べてみせたのだ。「どちらが勝ち上がっても食ってやる」といわんばかりの気合いの入りっぷりである。

 普段見せる軽快なトークや笑顔の奥に潜む勝負師としての炎が、食事情報としてそこに現れていた。

 今回の三番勝負は、両対局者、そして叡王含め非常に強いこだわりが感じられるシリーズとなった。

永瀬七段の「多すぎる」食事注文で高見叡王は「妖術」にかかったのかもしれない へ続く

(松本 渚)