黒い鞄からフィナンシェが……長手数の激闘を制した永瀬拓矢七段の「将棋めし」哲学とは から続く

【イラスト】人気漫画『将棋めし』の作者が描いた高見叡王と永瀬七段

 タイトル戦の食事は華やかだ。開催場所の料理人や地域の人々が腕を振るって棋士をもてなし、棋士の対局を裏から支える重要な役割があるからだ。他の対局場を視察するなど努力を重ねている旅館もある。

 とりわけ叡王戦は食事に「何か」がある二人の対局であった。

 棋士の食事を「観る将棋ファン」目線と「プロの視点」から観察する、自他ともに認める「プロの観る将」高見泰地叡王と、勝負のために秒読みも恐れずカロリーを摂取する「軍曹」永瀬拓矢七段。

 何も起きないはずはない。

永瀬七段のかたわらにはすでにバナナが用意されており

 第1局は台湾台北の「圓山大飯店」で行われた。世界10大ホテルに選ばれたことのある超有名ホテルである。


台湾台北の「圓山大飯店」 ©iStock.com

 対局開始は10時、持ち時間は各5時間。昼と夜それぞれに食事が出る。永瀬七段のかたわらにはすでにバナナが用意されており、万全の状態といったところだろう。戦型はファンの間で「親の顔」とまで呼ばれるほど頻出する「角換わり」の中では前例の少ない「早繰り銀」となった。同じアジア圏だが違う国、同じ将棋だが特別な対局で二人はどんな食事を注文するのか?

 しかし昼食の報道がなされたとき、あまりのことに自分の目を疑った。

 高見叡王
 揚州チャーハン、小籠包、ウーロン茶

 永瀬七段
 揚州チャーハン、小籠包、豚肉とへちまとえび蒸餃子、麻婆豆腐、クラブハウスサンド、グレープフルーツジュース、ホットコーヒー

 永瀬七段の食事注文が明らかに「多すぎる」のである。普通の多さではない。高見叡王の2倍、いや3倍はあるだろうか? 公開された写真には、これからパーティでもするのかと言わんばかりの料理がぎっしりと敷き詰められている。中華料理は美味しいもんね。色々食べたかったのかな? ならそのクラブハウスサンドは一体何なんだ?

 この注文について、局後のインタビューでは「海外での1人前の基準がわからなかったので、念のため多めに注文しました。少ないと困りますが、多いなら調整はできますので」と答えていた。なるほど軍曹らしい発想だ。さらにクラブハウスサンドは中華料理が自分に合わなかった時のための策だったという。

 さすがにすべては食べきれなかったようだが、夕食をキャンセルして昼食の残りを食べたという。それも「猫舌だからさめているほうがいい」と、何の問題もなさげである。

高見叡王の棋風は「妖術」と呼ばれることがある

 一方、この日の高見叡王の夕食はクラブハウスサンドとフライドポテト。山盛りのポテトが気になるが、中終盤は安定を取って挑みたいところだろうか。

 局面は高見勝勢で進んでいる。夕食休憩も明け、いよいよ勝負は終盤へ。

 しかし、対局結果は135手で永瀬七段の勝利となった。時間に追われる中、勝負を決めきれず逆転を許してしまったのだ。

 高見叡王の棋風は時に「妖術」と呼ばれることがある。終盤、難しい局面で時間に追われる中繰り出す勝負手で相手を惑わし逆転する、勝負師の棋風である。前回の第3期叡王戦では強敵相手にその妖術が炸裂し、とうとうタイトル獲得にまで至った。まさに高見叡王の「武器」であった。

 しかし第1局、本来高見叡王の武器である逆転劇を、永瀬七段の「負けない将棋」によって許してしまったのだ。もしかしたら永瀬七段の棋風に、いや、食事注文の「妖術」にかかってしまったのかもしれない。

 第1局から盤上盤外ともに面白い展開を見せた叡王戦。この日の対局内容は、そのまま最終局まで強く影響していくことになる。

高見叡王の注文がすごいことになっていた

 第2局は北海道斜里郡斜里町「北こぶし知床ホテル&リゾート」。

 北海道の食事はどれも新鮮な食材がキラキラと宝石のように輝き、見ただけで脳が「美味しい」と疼きだすようなものが多い。「食事が美味しい都道府県」と聞かれて「北海道」と答える人は少なくないだろう。しかし、本局ではその輝きとは違う火花が盤外でバチバチと散っていた。

 前回とんでもない注文をした永瀬七段は、昼は「うに丼御膳」、夜は「道産和牛のステーキ御膳」と、思わずほっと胸を撫でおろす普通の注文であった。

 しかし、一方の高見叡王の注文がすごいことになっていた。昼は「鮭といくら親子丼」と「牛かつ御膳」の2種、夜は「海鮮丼とざるそば」のセットと「たらばがにすき鍋と握りずし膳」の2種、計4種を注文した。前局の永瀬七段への対抗意識もあったのだろうか? 将棋では二手指しは反則だが、食事の注文では反則にならない。とはいえ対局を支える重要なガソリンだ。それがどう影響するだろうか。

 おやつの量も万全だ。少し多いかもしれないが、多い分には調節が効く。前局の悔しい思いをここで払拭できるか?

 しかし結果は98手でまたしても永瀬七段の勝利。19時39分終了と、夕食休憩後約1時間後の終局となった。第1局の大逆転とは違い、永瀬七段が上手くリードを広げ勝ち切った将棋だった。

 食事の量が勝ってるからと言っても、当然将棋で勝たなくては意味がない。

 番勝負中、対局の合間は少し日にちが開く。その間、各所から聞こえてくるファンからの声、雰囲気など、そういったものが対局者に影響を与えることもある。

「永瀬七段の食事の量がすごい」という話題、「1局目で逆転されてしまったら後に響いてしまうのではないか」という声……。高見叡王は挑戦者決定戦から対局相手を意識する注文をした棋士だ。そういった動きには非常に敏感なはずだ。もしかしたら、高見叡王は本当に「妖術」に惑わされてしまったのかもしれない。

最初からエンジン全開ではじめられるように

 第3局、第4局は持ち時間が変わり、各3時間となる。

 昼食は対局前に済ませ、14時から対局開始だ。

 その中で報道される食事量は、対局中の夕食こそ普通であるものの、対局前の昼食では再び永瀬七段の健啖家ぶりを見せつけられることとなった。

 高見叡王
 昼食:鯨カツと五島うどん御膳、アイスウーロン茶、オリジナルブレンドコーヒー
 夕食:長崎牛ローストビーフ丼、アイスウーロン茶、ジンジャーエール

 永瀬七段
 昼食:花月御膳、長崎牛ヒレ御膳、オリジナルブレンドコーヒー、チョコチーノ、バナナ3本
 夕食:海鮮丼と五島うどん、モカブレンド

 夕食の報道だけ見た人は騙されただろう。永瀬七段は3時間という短い持ち時間の中、カロリーの摂取を対局開始前に済ませ、最初からエンジン全開ではじめられるように準備してきたのだろうか。

 将棋自体も、ものすごいスピードで進んでいる。対局開始から20分程度で43手も進み、駒同士がぶつかり戦いが始まった。お互い研究範囲内の進行だったのだろうが、それにしても早い。途中、お互い相手からの攻めを相手にせず、ひたすら殴り合う局面が続いた。勝利まで読み切っているのは、はたしてどちらだったか。

 結果は131手までで永瀬七段の勝ち。高見叡王はカド番に追い込まれた。

七番勝負を象徴するかのような注文

 そして運命の第4局目。

 絶対に負けられない高見叡王と悲願の初タイトルがかかった永瀬七段の両対局者は、まさに今期叡王戦七番勝負を象徴するかのような食事注文をする。

 高見叡王
 昼食:広島牛御膳、名物穴子重(ミニ)、卸し蕎麦、ウーロン茶、レモンサイダー
 夕食:瀬戸の握り寿司御膳、みかんジュース、レモンサイダー

 永瀬七段
 昼食:広島牛御膳、穴子重御膳、ウーロン茶、みかんジュース、ホットコーヒー
 夕食:広島牛石焼御膳、みかんジュース、ホットコーヒー

 戦型は横歩取り。これは第2局で永瀬七段が勝利した戦法だ。まるで1度に2食分食べ、高見叡王が敗北したあの対局を思い出させるような展開である。しかし横歩取りは相手がそれに乗らなければ成立しない。それを避ける手はあったはずだが、高見叡王はその挑戦を受けて立った。

 第2局とまったく同じ進行。持ち時間もほぼ使わずあっという間に局面が進んでいく。先に前例を外して未知の領域へ踏み込んだのは永瀬七段のほうだった。

 盤外でもそうだ。こちらの意表を突いて話題を掻っ攫っていったのは永瀬七段のほうだった。局面も、勝負の流れも、ずっと永瀬七段が握っていた。

 結果は132手で永瀬七段の勝ち。ストレートでの新叡王誕生となった。

 終局後の高見七段の姿は見るにしのびないものだった。がっくりと肩を落とし、感情がこれ以上あふれ出ないよう、肩や口元を抑えて耐えていた。

 棋士は負けることに慣れている。将棋は負けて強くなっていくからだ。だから、少なくとも人前で泣くことはない。しかし高見七段は、涙をこらえることができなかった。

 前期は自分がストレートで勝った立場だった。その時の対局相手の金井六段が、第6局で待っているから、と対局前のインタビューで語っていた。絶対に勝ちたかったはずだ。いや、負けてもいい対局なんて一局だってない。

ファン思いの棋士だからこそ……

 高見七段はファン想いの棋士だ。それこそファンのために将棋を指している棋士だからこそ、応援してくれる人の期待に応えられずにストレートで決着がついてしまったことが悔しかったのではないか――。

「花粉症がひどいんですよね」といつもの調子で誤魔化し、声を振り絞り、「1年間を頑張り抜けたのはみなさんの応援のおかげです。ありがとうございます」と言い切ったあと、ファンからの割れんばかりの拍手を受け止められるように腕を持ち上げ、少しだけ上を向いた。

「タイトル獲得は1つの結果」と後のインタビューで語る永瀬新叡王はその間、表情を変えず、しかし少しだけ後ろに下がって、ただじっと待っていた。

 そして、いつも盤側で彼を支えてきたバナナは、この日最後まで一切手がつけられることはなかった。

大山十五世名人は「対局になると食欲が増す」

 永瀬新叡王はタイトル奪取後、散々話題になった食事の量について「食べたかったから食べました」、「どれも大変おいしくいただきました」とにこやかに答えていた。第2局に至っては「今回でうにが好きになりました」とまで語った。

 こういうエピソードがある。生涯A級を貫いた将棋界のレジェンド・大山康晴十五世名人はその棋力だけでなく、盤外戦術の巧みさもまた今に語り継がれている棋士だ。そんな大山十五世名人は「対局になると食欲が増す」「局面が良いと食欲が出てくる」と対談で答えており、そうやって自身のキャラクターを作り上げて、実際そのように食事を摂ることで相手に「私のほうが形勢がいいぞ」と盤外から圧を掛け、流れを引き寄せていたのではないか、と――。

 苦しい局面になった時、脳が将棋に集中し、味がわからなくなることもあるという。食欲もなくなる人もいるだろう。すべての食事に美味しかったと感想を笑顔で答えることのできた永瀬新叡王は、とんでもない怪物、いや、現代の大山康晴十五世名人と言っても過言ではないのかもしれない。

 第4期叡王戦は、食事も人間模様もただただ圧巻のシリーズだった。勝負すべてを掌握したかのような強さを見せた永瀬叡王と、悔しさに涙を零した高見七段。この二人の対局だったからこそ、これほどまでに盛り上がる棋戦となったのだろう。

 ところで、バナナ軍曹というあだ名が完全に定着した永瀬叡王だが、「バナナは当分冬眠します」と宣言した。次は何の軍曹になるのか――新叡王誕生とともに、また新たな将棋めしが生まれる。

(松本 渚)